北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

三星屋DSの古川さん、道南3人目のJKC公認訓練士に【函館】

JKC公認訓練士の資格を取得した古川さん

 三星屋ドッグスクール(函館市末広町、秋浜城治代表)の見習いスタッフ、古川未咲さん(22)が、渡島・桧山管内で3人目となるJKC(ジャパンケネルクラブ)公認訓練士の資格を今年3月に取得した。ハードな試験を乗り越え、道南では2000年以来22年ぶりに新星訓練士が誕生した。

 古川さんが取得した資格は「訓練練士」。筆記試験を受ける前に①指導手として受験した訓練試験で10頭以上の家庭犬を合格させる②JKCが全国で開催する訓練競技会に最低3回以上出場する③北海道ブロックの訓練士協議会所属の資格者または公認訓練所所長に推薦される―の3条件を満たす必要がある。

 ①では10頭すべての犬が「良」(70点)以上の評価を獲得しなければならないが、犬に元気がなかったり嫌々動いたりすると不合格となる。道南最初の公認訓練士でもある秋浜代表によると、1頭合格させるのに半年ほどかかり、資格取得までには5年程度要するという。古川さんは同スクールの生徒らの協力を得て1日10頭以上をトレーニングし、20年1月の勤務開始からわずか2年余りで取得した。

 強気、臆病、活発、暗い―など犬の性格もさまざま。古川さんは「厳しく怒るだけでは犬はついてこないので、楽しく一生懸命遊びながらルールを教えた」と、犬とのコミュニケーションをとる手段である訓練方法を語る。

 記録的なスピードで試験に合格した要因には古川さんのドッグトレーナーとして理想的な性格もある。褒める時は全力で、怒る時は感情をむき出しにしないことが重要といい、犬に対しイライラの感情を出さず、注意しても1秒でポジティブに切り替えられる強みを持っている。

 「トレーニングを通して飼い主とワンちゃんが少しでも楽しく暮らせるきっかけを作れるようなトレーナーになりたい」と古川さん。持ち前の性格を生かし、愛犬家にも犬にも信頼される訓練士として、今後の活躍に期待がかかる。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス