北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

酒だるで仕込んだ塩辛の出来を見る小田島社長

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途として注目を集めそうだ。

 同社は、伝統の秋田スギの木だるで塩辛を製造。1たるに420~450キロを仕込むという。小田島社長(70)が、進行中の「ハコダテアンチョビプロジェクト」のメンバーで、函館産マイワシでアンチョビを仕込もうと考えていたところ「自社にある原料で、まずは塩辛を仕込んでみよう」と塩辛作りに至った。「道南スギのたるの良さは昔から知っており、いつか使いたいと思っていた」とも話す。今回は30キロを仕込んだ。

 さばいたイカを1日塩漬けにし、酒だるの中で1週間ほど熟成。突き棒で毎日かくはんし、発酵を促した。

 完成した塩辛は小分けし、同社直売所で230袋を限定販売。130グラム入り760円。小田島社長は「スギの成分が関係し、美しいサクラ色に仕上がったとみられる。ぜひ味わってほしい」としている。

 酒だるは、渡島総合振興局が沓澤製材所(秋田県)に依頼し20個試作。5月上旬に第73回もりまち桜まつりの会場(青葉ケ丘公園)で酒だるに入れた日本酒を来場者に振る舞ってデビューした。今回は一斗(18リットル入り)たる1個と二斗(36リットル入り)たる1個の提供を受け、二斗だるを使った。

 直売所の営業は午前8時~午後8時。問い合わせは同社(0138・22・4312)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...