北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

マサイ族の夫妻 二風谷訪問

ジャクソンさん(中)と永松さん(左)、早川さん(右)

 マサイ族の夫婦ら3人が平取町二風谷を訪れ15日夜、二風谷アイヌ文化博物館のポロチセ(萱葺きの大きな家)で互いの伝統文化の様子を紹介し合うなど国際交流した。

 やってきたのはジャクソン・オレナレイヨ・セイヨさん、第二夫人の永松真紀さんとケニアの首都ナイロビ在住のフリーライター早川千晶さん。

 ジャクソンさんはケニア共和国リフトバレー州トランスマラ県エナイボルクルム村に在住。早川さんの通訳でケニアで唯一のプロのツアー添乗員として世界各国を巡ってきたジャクソンさんの第二夫人・永松真紀さん(48)の2人にインタービューした。

 マサイ族は古くから牛とともに生きている部族。牛が重要な財産で通貨としても機能。主食は牛乳と牛の生血。家畜を潰すことになることから肉食は避けている。ジャクソンさんは200頭の牛と羊、ヤギ含め500頭を放牧で飼育し、20人の大家族の家計を支えている。

 子どもたちは3~4歳から家畜の世話をし、10歳になると早朝から大きな牛を連れて日暮れ前の夕方戻る毎日を過ごしている。

 ジャクソンさんは勇敢なマサイ戦士としての英才教育研修期間の仕上げの時期には7頭のライオンと1頭の象を仕留めたという。

 伝統儀式「エウノト」を終え、現在は長老としての準備期間を過ごしながら、放牧生活がままならなくなりつつある変化の激しい現代ケニアで、時代の流れに翻弄されることなくコミュニティ、マサイ族の若手リーダーとして嘱望されている。

 インタビューの合間にはアイヌの伝統食シト(イナキビ団子)の粉づくりにも挑戦。ジャクソンさんも加わり参加者交代でイナキビの実をウスで粉にした。アイヌ協会女性部が調理した歓迎の“ゆで団子(シト)”を参加者全員で美味しく味わった。

 最後のあいさつでジャクソンさんは「今日はたくさん集まって温かく迎えてくれてうれしい。日本の食べ物はとてもおいしい。温泉が大好きなので今晩は楽しみ。日本とマサイの交流が盛んになることを願ってます」と笑顔でお礼を述べ会場を後にした。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...