北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

新火葬場はコンパクトな形状に、室蘭市が基本方針案示す【室蘭】

2020年に供用開始予定の新神代火葬場外観イメージ図(室蘭市提供)

 室蘭市は22日、神代火葬場(神代町)の敷地内に建設する新火葬場の基本設計案を、市議会民生常任委員会(小田中稔委員長、7人)に示した。コンセプトは「故人とのお別れの場にふさわしく、誰もが利用しやすい火葬場」で、形状をコンパクトにまとめた。事業費は現火葬場の解体や外構工事を含めて約15億7千万円。供用開始は2020年4月の予定。

 新火葬場は鉄筋コンクリート造り2階建で延床面積は1919平方メートル。現施設を稼働させながら望洋台霊園側の緑地・散策路に建設する。会葬者駐車場(50台)と関係者駐車場(10台)を分離し、車路の幅は8メートルを確保。正面入り口の車寄せ(大型バス2台分)と、車いすなどに対応する思いやり駐車場(3台)にはひさしを取り付け、雨や雪に当たらないようにする。道道からの取り付け道路幅も3メートル広げ、11メートルとする。

 内部は告別、待合、収骨までの会葬者の動線を、光庭を取り囲んだ一筆書きとした。炉数は現在より1炉減の5炉で、告別や収骨を行う炉前室は3室。荷物置きとしても使えるベンチを置く。待合室は5室。自然光が入る南側に配置し、いす席と小上がりがある。入り口に近い2室は会葬者が多いときは間仕切りを外して1室として対応可能。外装は黒を基調とし、維持管理や改修の手間・費用がかからない工法を取る。

 工事は来年6月の土地造成から始まり、10月から20年2月までが建設。3月に引っ越しし、4月に供用開始予定。5月中旬から現施設を解体し、すべての工事が終わるのは同年12月の見込み。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス