北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

多楽島思い金刀比羅神社祭 一日も早い返還祈願【根室】

ふるさとが一日も早く返還されるよう祈願した多楽島金刀比羅神社祭

 北方領土・歯舞群島の多楽島金刀比羅神社祭が23日午後、根室金刀比羅神社で行われ、93歳の元島民から8歳の四世まで45人が参加して、ふるさとの島の祭りを懐かしみながら北方領土の一日も早い復帰を祈願した。

 多楽島金刀比羅神社は明治36年(1903年)創祀で毎年9月20日に祭りが行われてきたが、終戦直後に侵攻したソ連軍の厳しい監視をかいくぐって氏子総代(松原由次郎さん)が御神体を持って根室に脱出。ご神体は根室金刀比羅神社に奉遷された。

 例祭は昭和19年に島で行われたのを最後に中断していたが、同53年に多楽島の元島民らでつくる多楽会(河田弘登志会長)が34年ぶりに実施。以来毎年続け、今年で40回目。再開当初は9月20日に行っていたが、できるだけ参加しやすいようにと、現在は秋分の日(祝日)に行っている。

 午後3時から社殿で行われた祭儀では、神職による祝詞奏上の後、参列者一人一人が玉串を奉り、多楽島で神社祭ができる日が一日も早く訪れるよう北方領土の早期復帰を祈った。

 終了後、社務所2階で懇親会が行われ、参加者はビンゴゲームなどを交えながら会話を弾ませ、和やかな雰囲気の中で島の暮らしや祭りを懐かしんだ。河田会長は「島で祭りができる日が一日も早く来るよう、返還運動を続けていかなければならない」と決意を込めてあいさつした。参加者の中で最高齢の浜屋トヨさん(93)は「島の皆さんと会えるので毎年欠かさず楽しみにしている」とにこやかに話した。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...