北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

湿原マラソン、久々熱気 3年ぶりにランナー疾走【釧路】

今年の最高気温となった釧路を駆けるランナーたち(30㌔)

 第50回釧路湿原マラソン(釧路市など主催)が7月31日、釧路市民陸上競技場を発着とするコースで3年ぶりに開催された。節目となった今回は2292人が出走。晴れ間が広がり、釧路には似合わない30度を超える過酷なコンディションの中、選手らは懸命に走り、己の限界に挑戦した。

 いまだ予断を許さないコロナ禍にあり、前回大会(2019年)と比べて出走者数は896人減少したが、開催を待ちわびた市民ランナーの熱い走りや沿道に詰め掛けた観客らが拍手でエールを送るなど、活気であふれた。

 競技は午前6時の30㌔ウオークから始まり、同9時30分からは30㌔、15㌔ウオーク、3㌔、10㌔の順にスタート。競技場内に設置されていた温度計は3㌔や10㌔の走者が続々とゴールしてくる同10時30分頃には33・8度。30㌔の先頭集団が帰って来る同11時30分頃には35・4度の〝猛暑〟にまで上昇、体調不良を訴える人が相次いだ。

 11年から参加している川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損害保険)は今年もゲストランナーとして男子30㌔に参戦。7月初旬にけがをしたため、最後尾から足の調子を見ながら走り出すと、涼しい顔を見せながら1時間49分35秒でゴールした。アイスホッケークラブチーム「ひがし北海道クレインズ」の監督や選手らも3㌔の部に出場し、大会を盛り上げた。

 さらに、第31回IAU100㌔世界選手権(8月27日、ベルリン)に日本代表選手として出場する藤澤舞選手(札幌エクセルAC)も女子30㌔に一般で出場し、1時間58分21秒で初の湿原の地を駆け抜けた。「たまに暑い日があると聞いたので覚悟していたが、ここまで上がるとは。とてもきつかった」と苦笑いを浮かべるも「世界選手権に向けていい刺激が入った」と満足げな表情で語った。

関連記事

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

十勝毎日新聞

青空に35チーム競技飛行 北海道バルーンフェスティバル 【上士幌】

 上士幌町航空公園で開かれている「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)は2日目の13日、競技飛行を行った。初日とは打って変わって澄み切った青空が広がり、全国か...

十勝毎日新聞

恒例盆おどりや太鼓、140年企画も 平原まつり14日開幕【帯広】

 「第75回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会)が14、15の両日、市内の平原通を中心に開かれる。市民が待ちわびた3年ぶりの開催。盆おどりや太鼓演奏など恒例の催しから、帯広市開拓140年...

十勝毎日新聞

ママチャリ42台 6時間耐久【更別】

 「全日本ママチャリ耐久レース」(実行委員会主催)が11日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。道内中心の42チームが6時間の耐久レース完走を目指して汗を流した。  同レースは毎年行われる恒...