北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ペットボトルロケット「世界記録」 再挑戦に成功 東京の翔和学園【大樹】

 特別支援教育を展開する翔和学園(東京)の生徒たちが2日、大樹町の多目的航空公園で、“世界記録”となるジャンボサイズのペットボトルロケットの打ち上げに成功した。生徒たちは3月にも大樹で打ち上げを試み、失敗に終わっていた。「リベンジできてうれしい」と笑顔の輪が広がった。

勢いよく打ち上がるロケット

 水と空気圧で打ち上げるペットボトルロケットの大きさで世界一に挑んだ。ギネス記録は4メートル台だが、非公認記録の7メートル台を目指した。ロケットが5メートル以上打ち上がるのが認定条件。

 翔和学園が用意したロケットは長さ「7.7メートル」。発泡スチロール製で、エンジン部分にビール用の大型ペットボトル(12リットル)を7個使用している。

 午後2時半すぎから打ち上げを行い、1回目、2回目は風の影響などで失敗。打ち上げ角度を調整した3回目でロケットが勢いよく飛び出すと、歓声が沸き起こった。ロケットは認定条件の5メートルを大幅に上回る16.78メートルにまで上昇した。

打ち上げが成功し、教員らと抱き合って喜ぶ生徒

 3月の打ち上げではペットボトルが破裂するなど失敗に終わったが、生徒たちはすぐさま再挑戦を宣言。東京大学や専門家の協力を受けて機体の改良を重ねた。リベンジマッチはサマーキャンプとして企画、生徒に保護者、教員合わせて14人が来町した。

 随行した水川勝利教諭は「ロケットの聖地で成功し大感激。生徒たちは2度の失敗にくじけず頑張った」と興奮気味。同学園と大樹の橋渡しを担ったスペースコタン(大樹町)の小田切義憲社長は「必ず打ち上がると信じていた。今後、巨大ペットボトルロケットのコンテストを開催できたら」と話していた。

 生徒たちは8日まで滞在。7日の歴舟川清流まつりに参加し、ペットボトルロケットの打ち上げデモンストレーションを行う。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...