北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

森林資源 保全と活用探る 北大苫研究林 「関心広げたい」 木工品販売や体験型事業

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林は敷地内の豊富な森林資源の保全に努める一方で、有効活用する方策も探っている。強風や枯れて倒れた樹木で木工品を作って販売したり、夏休み中の子ども向けに体験型事業を始めたりし、森林への関心を育む機会を広げたい考えだ。

木工品販売や体験事業を企画する苫小牧研究林の中村林長(左)と職員

 同研究林は1904年、国有林から札幌農学校(後の北海道大学)に所管が移り、苫小牧演習林として誕生し、2001年から現在の名称に。針葉樹や広葉樹が生い茂る約2700ヘクタールの敷地で、森林生態系に関するさまざまな研究や教育が続けられている。

 昨年から、活動中に見つかったシラカバやミズナラ、イタヤカエデの倒木や枯れ木の利活用を試験的に始めた。皿やバターナイフ、スタンドライトといった小物に加工し、敷地内にある森林記念館(4~10月の最終金曜日のみ開館)で販売している。同館は林業の古い道具や写真などを展示した施設で、同館に「足を運ぶきっかけにもなれば」と願う。開館は午前9時~午後4時、入場無料。

 10日にはこども森林学校も開校し、参加費は1人4000円。小学4~6年生が対象で午前9時と午後1時からの2回開催。定員は各12人。参加者2人に講師1人が付き、樹木の見分け方や分類法を学び、図鑑作りに挑む。最後に木製の修了メダルが授与される。

 さらに、苫小牧演習林時代の風景を描き込んだ特製日本手拭いを復刻し、7月から研究林事務所で売り出した。1986年に作成し、実習生や視察に訪れた人らに記念品として配っていたもので、1本税込み700円。同研究林を訪れた人の「記念になる土産品があれば買いたい」という声を受け、商品化した。

 販売で得た収益は、今後の森林管理・研究活動に役立てる。同研究林の中村誠宏林長は「研究林が持っている知見を生かしながら、市民が自然に触れる機会を増やしたい。生物多様性などの問題にも関心を持ってもらえたら」と意気込む。

 問い合わせ・申し込みは平日午前8時半~午後5時に同研究林 電話0144(33)2171。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...