北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

水難救助 運用を開始 積極的な対応可能に 根室市消防本部【根室】

入水訓練の様子(市消防本部提供)

救命ボートとリモコン操作の無人救命浮環(同)

 根室市消防本部(鈴木敏一消防長)は、今月から水難救助活動の運用を開始している。三方を海に囲まれている水産都市でありながら、消防による水難救助活動は人員配置や装備面などから長年の検討課題とされていた。根室海上保安部の協力を得て4カ月間の訓練を実施、8月から運用開始となった救助活動は、潜水を伴わない水面上に限られるものの、従来の救助活動より数段拡充されている。

 同本部の水難救助活動は、今年3月に導入した新型救助工作車の運用開始に合わせた装備、資機材の拡充で可能となった。ドライスーツをはじめ救命ボート、船外機、リモコン操作できる無人救命浮環、落水者救助システムなどを装備して対応する。

 従来の水難救助活動は、ゴムボートから救助棒で要救助者を引き寄せるといった限定的な活動だった。新たな装備は隊員が入水しての活動や遠隔操作の救命機材を使ったりと、より積極的な対応を可能とする。海上の場合、二次災害防止と資機材の関係で陸地から約20㍍までが活動範囲となるものの、水難事故や津波、洪水、高潮および湖沼の氾濫といった自然災害で出動する。

 市の水難救助活動は、長く議会議論されてきた課題で、2018年に同本部内に立ち上げた「救助隊活動高度化検討プロジェクトチーム」が5年の歳月をかけ、潜水を伴わない海面救助を行う道内他都市の消防本部を参考に、調査や研究を行ってきた。同本部の鈴木勇二警防課長は「新装備と4カ月の訓練で一歩踏み込んだ水面救助ができるようになった。他機関との連携をより密にしながら、救助活動の円滑化を図っていきたい」と話している。

 17年度から21年度までの5年間で海難救助要請は8件。うち5件で同本部が救助活動を行っている。他の3件は他機関や漁船によって救助されたケース。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...