北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

全力のタイムレース披露・ローラースキー競技会【名寄】

力強いスケーティングで商店街を駆け抜ける選手たち

 ローラースキー競技会が17日に名寄駅前商店街特設コースで開かれた。北海道、東北の中高校生選手が出場し、全力のタイムトライアルレースを披露するとともに、多くの市民たちが沿道から声援を送った。

 冬季スポーツのジュニア選手発掘、強化を目的とした「ウインタースポーツコンソーシアム事業」の一環として開催。同事業は日本スポーツ振興センターが主体となり、道が受託、名寄を拠点に昨年から実施している。

 同競技会も昨年から開催され、国内で初めて中心市街地をコースとしたことから注目された。成績上位や審査員の評価が認められた選手は11月にフィンランドで行われる海外合宿に参加。さらに同合宿で認められた人は来年3月に同じくフィンランドで実施する合宿に進む。そのことから、フィンランドのヴォカティオリンピックトレーニングセンターからコーチを招き、選手選考に加わった。

 今年は北海道を中心に青森県、山形県の中学1年から高校2年まで48人がエントリー。南5丁目、南6丁目の駅前商店街に設けられた1周750メートルの特設コースを2周し、タイムを競った。

 競技では、加藤剛士市長、中野秀敏道議会議員、髙瀨裕名寄警察署長らがスターターを務め、選手たちは位置に付き一斉にスタート。沿道から大勢の市民の声援を受けながら、力強いスケーティングで加速し、コーナーを攻めるなど、迫力とスピード感があふれ、抜きつ抜かれつのレースを展開。全力で1・5キロを走り、駆け抜けながら、商店街の雰囲気を盛り上げていた。

関連記事

日高報知新聞

大雪で学校交流実現できず 浦河町児童生徒の天草市訪問

 浦河町への入植が縁で友好交流協定を結んでいる熊本県天草市に10日から13日まで、浦河町の小中学生7人とゆかりの会、教育関係者ら13人が児童生徒交流事業として訪問した。同市周辺は記録的な大雪で学校が臨...

日高報知新聞

最優秀に大沼莉子さん 日本習字書友会の新春席書大会

【新ひだか】日本習字全日高書友会(大沢忠雄会長)主催の新春席書大会が14日、町公民館で開かれ、最優秀の日高書友会長賞は大沼莉子さん(日高町富川中1年)の作品が選ばれた。  「正しい、美しい文字...

十勝毎日新聞

ウニ漁始まる 初水揚げ【広尾】

 広尾町音調津付近の海で16日、ウニ漁が始まった。ダイバーが厳寒期の海に潜ってウニを取り、町内の音調津漁港に水揚げしている。  エゾバフンウニの漁は早ければ12月から始まるが、天候の影響でこ...

十勝毎日新聞

「光る泥だんご」200個展示 藤丸で2月15日から【帯広】

 幼稚園などを運営する帯広葵学園(上野敏郎理事長)は、幼児教育に「光る泥だんご」作りを取り入れている。帯広市の姉妹都市・静岡県松崎町の伝統文化で、集中力向上や癒やしの効果が期待できるという。2月1...

十勝毎日新聞

ペット連れ避難 連絡会議 行政の態勢整備【十勝】

 災害時のペットを連れた避難者の受け入れに関する管内関係者の連絡会議が15日、立ち上がった。同様の会議は他管内にはなく、道内では十勝が初めて。年数回の会議で先進事例を共有し、行政側の態勢整備や、避...