北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

観光客対応セミナーでイスラムの食文化に理解【白老】

イスラムの食文化について理解を深めたセミナー

 食材王国しらおい地産地消推進協議会、白老町商工会主催のセミナーが28日、しらおい経済センターで開かれ、出張料理人として活躍する小暮剛さんが国立アイヌ民族博物館開設に伴い増加が予想されるイスラム圏からの観光客に対応した食のもてなしについてアドバイスした。

 飲食店関係者ら約20人が参加。小暮さんは「イスラム教徒はお酒を使ったものを口にしない。豚肉は食べない。メニューに『ノーポーク、ノーアルコール』と書けばいい」と説明した上で「何も恐れることはない。『よくお越しくださいました』というおもてなしの気持ちをまず持ってほしい」と話した。

 白老来訪は4回目という小暮さんは「白老にはおいしいものがたくさんある。そういうものをどんどん薦めればいい。皆さんが思う以上に観光客は感動する」と”普段着“で接する大切さを強調した。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...