北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白老町の地域循環バス「元気号」が2日から3台で運行【白老】

10月2日からダイヤが改正される「元気号」

 白老町が運行している地域循環バス「元気号」は、10月2日からダイヤを改正し、路線数を11系統・18便から9系統・25便に、運行台数を2台から3台にする。町は「バスを1台増車して路線便数を増やし、現在実施している乗り継ぎを廃止することで、乗車時間の短縮など利用者の利便性向上を図りたい」と期待している。

 ダイヤ改正は2015年(平成27年)12月以来。乗り継ぎの不便さや乗車時間の長さなどで利用者が減少していた。路線の便数は、虎杖浜鉄北地区で2往復を4往復に変更するなどのダイヤ再編で増便する。増車するバスは室蘭信用金庫の創立100周年記念事業として同金庫から購入資金が寄付された。購入したのは29人乗りのマイクロバス。

 町は通行路線や時刻などを記したパンフレットを各世帯に配布するほか、公共施設に配置する。

 1回当たりの運賃は100円、小中学生は50円、未就学児は無料。バス停がなくても乗車できる「フリー乗降区間」があり、乗車する場合はバスが近づいてきたら運転手に向かって手を上げるなどの合図をするとよい。

 1994年度に導入した「元気号」の利用は、2005年度の年間約6万7千人をピークに減少傾向にあり、16年度はピーク時の3分の1以下の約2万人だった。

 台風18号の影響で国道36号の竹浦橋が通行止めになっていることから町は「若干の遅れが生じると考えられます。迷惑をお掛けしますが、ご理解ください」と話している。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...