北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

壮瞥りんごソーダを持って笑顔を見せる山本社長(左)と佐藤町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は、壮瞥町産のリンゴの果汁を使用した道内限定「Ribbon 壮瞥りんごソーダ」を昨年に続いて10月2日から発売する。パッケージには初めて同町のブランドアイデンティティー「そうきたか!そうべつ」を採用した。ペットボトルで1本(410ミリリットル)140円(税抜き)。

 同社は壮瞥町の一大イベント「昭和新山国際雪合戦」の協賛スポンサーでもあり、町へ呼び掛け商品化が実現。町産のリンゴ「ふじ」を山形県の工場で搾汁しエキスを抽出、岩内の工場でボトリング。道民が好む酸味があるリンゴの味を再現。爽やかな甘みが人気を集め1年目は24万本を完売した。

 パッケージデザインにはこれまでの「壮瞥りんご」の文字や昭和新山国際雪合戦マスコットキャラクター・ブラッキーのイラストに加え「そうきたか!そうべつ」のロゴも加え、地元をPRしている。2年目の今年は36万本の完売を目指すという。

 25日に役場を訪問した山本社長は完成した商品を説明しながら佐藤秀敏町長らと懇談。「貴重なリンゴからできたジュース。道民の皆さまに壮瞥を感じながら飲んでほしい」と笑顔で語った。佐藤町長は「大企業がまちの農産品に付加価値を付け販売してくれることは大変ありがたい」と話していた。

 ソーダは、全道のコンビニエンスストアや大型店などで購入できる。同社によると、航空会社AIR DO(エア・ドゥ)の機内ドリンクにも採用されたという。同社はこのほか長沼と千歳のハスカップ、夕張のメロン、余市のブドウ、豊浦と伊達のイチゴを使ったそれぞれのジュースを開発している。

関連記事

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

十勝毎日新聞

高木姉妹の好物 たかまん「祝」大判焼き 帯広

 帯広市内の高橋まんじゅう屋(東1南5)は高木菜那、美帆両選手の金メダル獲得を記念し、「祝」の焼き印が入った大判焼きの販売を始めた。スケートやサッカーの練習帰りに店で大判焼きを食べる幼い姉妹を見...

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華ま...

十勝毎日新聞

鹿カツドッグが最高賞 町給食センター考案【陸別】

 第2回ジビエ料理コンテスト(全国公募、国産ジビエ流通規格検討協議会主催)の表彰式が15日、都内で開かれた。陸別町給食センターが出品した「鹿カツドッグ」が、給食アイデア料理部門の最高賞となる農林水...

室蘭民報

「白老牛の日」がスタート、5店舗がメニュー2割引き【白老】

 白老牛銘柄推進協議会主催のグルメイベント「白老牛の日」が9日から4日間の日程で始まり、同協議会指定販売店5店舗が自慢のメニューを2割引きで提供し、昼時には格安メニューのオーダーが相次いだ。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス