北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

壮瞥りんごソーダを持って笑顔を見せる山本社長(左)と佐藤町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は、壮瞥町産のリンゴの果汁を使用した道内限定「Ribbon 壮瞥りんごソーダ」を昨年に続いて10月2日から発売する。パッケージには初めて同町のブランドアイデンティティー「そうきたか!そうべつ」を採用した。ペットボトルで1本(410ミリリットル)140円(税抜き)。

 同社は壮瞥町の一大イベント「昭和新山国際雪合戦」の協賛スポンサーでもあり、町へ呼び掛け商品化が実現。町産のリンゴ「ふじ」を山形県の工場で搾汁しエキスを抽出、岩内の工場でボトリング。道民が好む酸味があるリンゴの味を再現。爽やかな甘みが人気を集め1年目は24万本を完売した。

 パッケージデザインにはこれまでの「壮瞥りんご」の文字や昭和新山国際雪合戦マスコットキャラクター・ブラッキーのイラストに加え「そうきたか!そうべつ」のロゴも加え、地元をPRしている。2年目の今年は36万本の完売を目指すという。

 25日に役場を訪問した山本社長は完成した商品を説明しながら佐藤秀敏町長らと懇談。「貴重なリンゴからできたジュース。道民の皆さまに壮瞥を感じながら飲んでほしい」と笑顔で語った。佐藤町長は「大企業がまちの農産品に付加価値を付け販売してくれることは大変ありがたい」と話していた。

 ソーダは、全道のコンビニエンスストアや大型店などで購入できる。同社によると、航空会社AIR DO(エア・ドゥ)の機内ドリンクにも採用されたという。同社はこのほか長沼と千歳のハスカップ、夕張のメロン、余市のブドウ、豊浦と伊達のイチゴを使ったそれぞれのジュースを開発している。

関連記事

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...

室蘭民報

室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」がきょう7日から正式販売される。同大で開発したジンギスカン鍋をモチーフにした。「鐵(てつ)の素クッキー」に続...

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブ...