北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

壮瞥りんごソーダを持って笑顔を見せる山本社長(左)と佐藤町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は、壮瞥町産のリンゴの果汁を使用した道内限定「Ribbon 壮瞥りんごソーダ」を昨年に続いて10月2日から発売する。パッケージには初めて同町のブランドアイデンティティー「そうきたか!そうべつ」を採用した。ペットボトルで1本(410ミリリットル)140円(税抜き)。

 同社は壮瞥町の一大イベント「昭和新山国際雪合戦」の協賛スポンサーでもあり、町へ呼び掛け商品化が実現。町産のリンゴ「ふじ」を山形県の工場で搾汁しエキスを抽出、岩内の工場でボトリング。道民が好む酸味があるリンゴの味を再現。爽やかな甘みが人気を集め1年目は24万本を完売した。

 パッケージデザインにはこれまでの「壮瞥りんご」の文字や昭和新山国際雪合戦マスコットキャラクター・ブラッキーのイラストに加え「そうきたか!そうべつ」のロゴも加え、地元をPRしている。2年目の今年は36万本の完売を目指すという。

 25日に役場を訪問した山本社長は完成した商品を説明しながら佐藤秀敏町長らと懇談。「貴重なリンゴからできたジュース。道民の皆さまに壮瞥を感じながら飲んでほしい」と笑顔で語った。佐藤町長は「大企業がまちの農産品に付加価値を付け販売してくれることは大変ありがたい」と話していた。

 ソーダは、全道のコンビニエンスストアや大型店などで購入できる。同社によると、航空会社AIR DO(エア・ドゥ)の機内ドリンクにも採用されたという。同社はこのほか長沼と千歳のハスカップ、夕張のメロン、余市のブドウ、豊浦と伊達のイチゴを使ったそれぞれのジュースを開発している。

関連記事

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...