北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

川上さんが優秀作品に 夜光反射材デザインコンテスト

感謝状を受賞した川上さん(中)。左は酒井町長、右は川上さんの作 品を持つ本間署長

 道警主催の夜光反射材デザインコンテストで、新ひだか町町地域振興部町民福祉課長の川上康徳さん(59)=三石旭町=の作品が優秀作品に選ばれ、27日に静内警察署で道警本部交通部長感謝状が伝達された。

 同コンテストは、歩行者の交通事故防止に効果のある夜光反射材の利用促進を図るため、1月11日から3月31日までデザインを募集。応募作品547点の中から優秀作品を5点選び、札幌運転免許試験場で来場者による投票で最優秀作品を決めた。日高・胆振管内で優秀作品に選ばれたのは川上さんのみ。

 川上さんの作品はアイヌ文様で雪の結晶を表現したデザイン。それぞれの文様には「力が備わる」、「魔除け」「見守る」を意味し、事故から身を守ることをイメージした。

 今年3月まで住民福祉部生活環境課長を務め、日ごろから交通安全関係団体の事務局として町民に夜光反射材の着用を促進する「新ひだか町ピカッ!と25000人運動」を展開してきたことから、3カ月かけて自らデザインを考案し、パソコンのソフトを使って作成した。

 伝達式には町交通安全推進協議会長の酒井芳秀町長も同席し、川上さんに本間博幸静内署長から感謝状が手渡された。

 酒井町長は「あっぱれの一言。もともと企画力がある人だが、反射材着用の啓発にかける思いが成果として発揮されたのでは」、本間署長は「さまざまな取り組みで町の交通安全推進に貢献していただき、われわれも鼻が高い」とたたえた。

 川上さんは「これを励みに、町の交通安全のために少しでも力になれたら」と話していた。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...