北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別市が小学生対象に初のあいサポーター養成研修会【登別】

障害の特徴などについて理解を深めた児童たち

 さまざまな障害に理解を深めて日常生活の中で手助けする「あいサポート運動」を推進する登別市は28日、「あいサポーター」を養成する研修会を、鷲別小学校(神谷博達校長)で開催した。小学生を対象とした研修会は初めて。児童たちは、さまざまな障害に対し自分にできる手助け、配慮などを学んだ。

 鳥取県で始まった同運動は、「あいサポーター」の養成やサポート企業・団体の認定などを通して、市民に障害の特徴や必要な配慮を理解してもらい、誰もが暮らしやすい社会をつくることが目的。

 道内では、登別市が初めて鳥取県と協定を結び、同運動の推進に力を入れている。市は今年9月現在で約600人をサポーターとして認定している。

 研修は市社会福祉協議会が主催する出前福祉講座の中で開催され、5年生54人が参加した。市障がい福祉グループの澤山麻由子主査が①視覚②聴覚③肢体不自由―の三つの障害の特徴を紹介し、「市内初の小学生あいサポーターとして、積極的に声を掛けて自分に手伝えることをしてほしい」と呼び掛けた。

 このほか、車いす体験も行われ、児童たちは「乗る」「介助」「見守り」の役割を3人一組で挑戦、使用方法などについてレクチャーを受けた。

 今後も市は、小学生ほか民生委員や町内会を対象とした研修会を継続して行っていく方針で、同グループの服部仁総括主幹は「障害に理解を深め、手助けを考えるきっかけになれば」と話していた。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...