北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別市が小学生対象に初のあいサポーター養成研修会【登別】

障害の特徴などについて理解を深めた児童たち

 さまざまな障害に理解を深めて日常生活の中で手助けする「あいサポート運動」を推進する登別市は28日、「あいサポーター」を養成する研修会を、鷲別小学校(神谷博達校長)で開催した。小学生を対象とした研修会は初めて。児童たちは、さまざまな障害に対し自分にできる手助け、配慮などを学んだ。

 鳥取県で始まった同運動は、「あいサポーター」の養成やサポート企業・団体の認定などを通して、市民に障害の特徴や必要な配慮を理解してもらい、誰もが暮らしやすい社会をつくることが目的。

 道内では、登別市が初めて鳥取県と協定を結び、同運動の推進に力を入れている。市は今年9月現在で約600人をサポーターとして認定している。

 研修は市社会福祉協議会が主催する出前福祉講座の中で開催され、5年生54人が参加した。市障がい福祉グループの澤山麻由子主査が①視覚②聴覚③肢体不自由―の三つの障害の特徴を紹介し、「市内初の小学生あいサポーターとして、積極的に声を掛けて自分に手伝えることをしてほしい」と呼び掛けた。

 このほか、車いす体験も行われ、児童たちは「乗る」「介助」「見守り」の役割を3人一組で挑戦、使用方法などについてレクチャーを受けた。

 今後も市は、小学生ほか民生委員や町内会を対象とした研修会を継続して行っていく方針で、同グループの服部仁総括主幹は「障害に理解を深め、手助けを考えるきっかけになれば」と話していた。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...