北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別市が小学生対象に初のあいサポーター養成研修会【登別】

障害の特徴などについて理解を深めた児童たち

 さまざまな障害に理解を深めて日常生活の中で手助けする「あいサポート運動」を推進する登別市は28日、「あいサポーター」を養成する研修会を、鷲別小学校(神谷博達校長)で開催した。小学生を対象とした研修会は初めて。児童たちは、さまざまな障害に対し自分にできる手助け、配慮などを学んだ。

 鳥取県で始まった同運動は、「あいサポーター」の養成やサポート企業・団体の認定などを通して、市民に障害の特徴や必要な配慮を理解してもらい、誰もが暮らしやすい社会をつくることが目的。

 道内では、登別市が初めて鳥取県と協定を結び、同運動の推進に力を入れている。市は今年9月現在で約600人をサポーターとして認定している。

 研修は市社会福祉協議会が主催する出前福祉講座の中で開催され、5年生54人が参加した。市障がい福祉グループの澤山麻由子主査が①視覚②聴覚③肢体不自由―の三つの障害の特徴を紹介し、「市内初の小学生あいサポーターとして、積極的に声を掛けて自分に手伝えることをしてほしい」と呼び掛けた。

 このほか、車いす体験も行われ、児童たちは「乗る」「介助」「見守り」の役割を3人一組で挑戦、使用方法などについてレクチャーを受けた。

 今後も市は、小学生ほか民生委員や町内会を対象とした研修会を継続して行っていく方針で、同グループの服部仁総括主幹は「障害に理解を深め、手助けを考えるきっかけになれば」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...