北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ポイントカード会発足 先着1万人に100ポイント付与【根室】

設立総会であいさつする木村会長

 市商店連合会(市商連、田中忠夫会長)は29日、地域共通ICポイントカード事業の実施団体を設立した。会長には木村生花店社長の木村輝昌氏(45)が就任し、「使いやすく親しまれるカードに」と意欲。この日から先着1万人に100ポイント(100円分)を付与したカードを発行しており、1カ月後の11月1日に運用を開始する。

 設立総会には約30人が出席。市商連・田中会長は「個店の販売力アップにつなげ、かつての根室を取り戻すつもりでやりたい」とあいさつ。来賓の石垣雅敏副市長は「熱い思いが結集して作られたカードが集客力の回復になるように」、山本連治郎根室商工会議所会頭は「その成果に期待し、支援していきたい」とそれぞれ祝辞を述べた。

 議事では運用規約や事業計画を議案どおり承認。役員選出で木村会長が選ばれたほか、他の役員は近く召集する役員会で決まる見通し。木村会長は「家族全員で1人1枚持ってもらい、根室で楽しく賢く買い物をしてほしい」と決意を述べた。

 ねむろポイントカード会本部の事務所=緑町1丁目10番地=は、緑町商店街振興組合事務所隣にある「だいこくや」の倉庫を改修して新たに開設。会の設立と同時にカードの発行を開始しており、少しでも多くの市民に利用してもらおうと先行ポイントとして100ポイントを付与済みのカードを発行している。

 また、10月中旬にはまちなかサロン恋問でカード発行イベントを開くほか、運用開始の11月1日から“スタートダッシュイベント”として各店ポイント2倍でサービスすることも視野に入れている。若手を会長に起用したことについて田中会長は「若い世代が市民目線でやることに意義がある。頑張ってほしい」と期待を込めた。

 ねむろポイントカードは、加盟店での買い物のほかに行政の主催事業への参加でもポイントがたまるのが特徴で、現在市内の48店が加盟。原則100円の買い物に対して1ポイント(1円相当)を付与し、500ポイントごとに加盟店で500円分の買い物ができる仕組みで、ポイントは4年間有効。入会金・年会費は無料となっている。

 カードの発行に関する問い合わせは、ねむろポイントカード会本部(℡0153-27-1525)へ。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...