北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ポイントカード会発足 先着1万人に100ポイント付与【根室】

設立総会であいさつする木村会長

 市商店連合会(市商連、田中忠夫会長)は29日、地域共通ICポイントカード事業の実施団体を設立した。会長には木村生花店社長の木村輝昌氏(45)が就任し、「使いやすく親しまれるカードに」と意欲。この日から先着1万人に100ポイント(100円分)を付与したカードを発行しており、1カ月後の11月1日に運用を開始する。

 設立総会には約30人が出席。市商連・田中会長は「個店の販売力アップにつなげ、かつての根室を取り戻すつもりでやりたい」とあいさつ。来賓の石垣雅敏副市長は「熱い思いが結集して作られたカードが集客力の回復になるように」、山本連治郎根室商工会議所会頭は「その成果に期待し、支援していきたい」とそれぞれ祝辞を述べた。

 議事では運用規約や事業計画を議案どおり承認。役員選出で木村会長が選ばれたほか、他の役員は近く召集する役員会で決まる見通し。木村会長は「家族全員で1人1枚持ってもらい、根室で楽しく賢く買い物をしてほしい」と決意を述べた。

 ねむろポイントカード会本部の事務所=緑町1丁目10番地=は、緑町商店街振興組合事務所隣にある「だいこくや」の倉庫を改修して新たに開設。会の設立と同時にカードの発行を開始しており、少しでも多くの市民に利用してもらおうと先行ポイントとして100ポイントを付与済みのカードを発行している。

 また、10月中旬にはまちなかサロン恋問でカード発行イベントを開くほか、運用開始の11月1日から“スタートダッシュイベント”として各店ポイント2倍でサービスすることも視野に入れている。若手を会長に起用したことについて田中会長は「若い世代が市民目線でやることに意義がある。頑張ってほしい」と期待を込めた。

 ねむろポイントカードは、加盟店での買い物のほかに行政の主催事業への参加でもポイントがたまるのが特徴で、現在市内の48店が加盟。原則100円の買い物に対して1ポイント(1円相当)を付与し、500ポイントごとに加盟店で500円分の買い物ができる仕組みで、ポイントは4年間有効。入会金・年会費は無料となっている。

 カードの発行に関する問い合わせは、ねむろポイントカード会本部(℡0153-27-1525)へ。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...