北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌市船場公園の愛称 るしんふれ愛パークに

船場公園のネーミングライツのスポンサー契約を結んだ留萌信金の塚本理事長(左)と高橋市長

 留萌市は、公園管理の安定的な財源確保や良好な維持管理に努めることを目的に、留萌信用金庫(塚本壽三郎理事長)と船場公園の「ネーミングライツ(命名権)」のスポンサー契約を結んだ。愛称は「るしんふれ愛パーク」で、市が民間企業と同様の契約を結ぶのは初めて。28日、締結式が同公園管理棟で行われた。

 ネーミングライツは、自治体が民間企業と複数年の契約を結び、陸上競技場や野球場、文化センターなどの公共施設に愛称を付ける権利を与えるもの。

 市では、企業と共に施設の魅力向上に努めながら安定的な財源を確保して施設を運営していくことを狙いに、船場公園や見晴公園、神居岩公園、浜中運動公園の4カ所を対象に6月30日から7月31日までネーミングライツのスポンサーを募集。7月25日に同信金から船場公園を「るしんふれ愛パーク(RUSHINふれ愛PARK)」とし、同信金のイベントなどで積極的に活用するとともに、顧客など内外へ情報を発信して施設をPRしたい―と申し込みがあった。

 これを受けて市は、8月に選定委員会を開いて審査した結果、①留萌信金の略称「るしん」を付けることで市民や観光客などへのPR効果となる②同信金のキャッチフレーズである「ふれ愛」が人と人とをつなぐことをイメージするのに適している―との理由で、同信金を優先交渉権者として選び、今月11日付で契約を結んだ。期間は今年10月1日から32年3月31日までで、金額は年間70万円だが今年度は半額の35万円。

 締結式は、午前10時から船場公園管理棟で行われ、市や道信金の職員が見守る中、高橋定敏市長と塚本理事長がすでに署名、押印していた協定書を交わした。

 塚本理事長は「船場公園が留萌管内の重要な拠点となるよう市や市民のために頑張っていきたい」、高橋市長は「船場公園は市民のよりどころであり、留萌港に面しているので地方から来た人との交流をするにもふさわしい場所。さまざまな触れ合いを通じて多くの人の笑顔が生まれると思っている」とあいさつした。

 市は10月1日からの愛称使用開始に向けて、同管理棟で「るしんふれ愛パーク」と書かれた看板やのぼりの設置作業を進めている。また、今回ネーミングライツの応募がなかった見晴公園、神居岩公園、浜中運動公園について年度内に再度募集を行う予定。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...