北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌市船場公園の愛称 るしんふれ愛パークに

船場公園のネーミングライツのスポンサー契約を結んだ留萌信金の塚本理事長(左)と高橋市長

 留萌市は、公園管理の安定的な財源確保や良好な維持管理に努めることを目的に、留萌信用金庫(塚本壽三郎理事長)と船場公園の「ネーミングライツ(命名権)」のスポンサー契約を結んだ。愛称は「るしんふれ愛パーク」で、市が民間企業と同様の契約を結ぶのは初めて。28日、締結式が同公園管理棟で行われた。

 ネーミングライツは、自治体が民間企業と複数年の契約を結び、陸上競技場や野球場、文化センターなどの公共施設に愛称を付ける権利を与えるもの。

 市では、企業と共に施設の魅力向上に努めながら安定的な財源を確保して施設を運営していくことを狙いに、船場公園や見晴公園、神居岩公園、浜中運動公園の4カ所を対象に6月30日から7月31日までネーミングライツのスポンサーを募集。7月25日に同信金から船場公園を「るしんふれ愛パーク(RUSHINふれ愛PARK)」とし、同信金のイベントなどで積極的に活用するとともに、顧客など内外へ情報を発信して施設をPRしたい―と申し込みがあった。

 これを受けて市は、8月に選定委員会を開いて審査した結果、①留萌信金の略称「るしん」を付けることで市民や観光客などへのPR効果となる②同信金のキャッチフレーズである「ふれ愛」が人と人とをつなぐことをイメージするのに適している―との理由で、同信金を優先交渉権者として選び、今月11日付で契約を結んだ。期間は今年10月1日から32年3月31日までで、金額は年間70万円だが今年度は半額の35万円。

 締結式は、午前10時から船場公園管理棟で行われ、市や道信金の職員が見守る中、高橋定敏市長と塚本理事長がすでに署名、押印していた協定書を交わした。

 塚本理事長は「船場公園が留萌管内の重要な拠点となるよう市や市民のために頑張っていきたい」、高橋市長は「船場公園は市民のよりどころであり、留萌港に面しているので地方から来た人との交流をするにもふさわしい場所。さまざまな触れ合いを通じて多くの人の笑顔が生まれると思っている」とあいさつした。

 市は10月1日からの愛称使用開始に向けて、同管理棟で「るしんふれ愛パーク」と書かれた看板やのぼりの設置作業を進めている。また、今回ネーミングライツの応募がなかった見晴公園、神居岩公園、浜中運動公園について年度内に再度募集を行う予定。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...