北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧東病院、新施設建設を計画 20年度以降、東向かいに

新施設の建設を計画している苫小牧東病院

 苫小牧市明野新町の苫小牧東病院(橋本洋一理事長)が、2020年度以降、現病院の東向かいの土地に、新施設の建設を計画していることが29日までに分かった。建築規模などは未定だが、新施設に診療機能を移し、現病院の一部を健康増進のための施設として転用する方針だ。

 新施設建設は、現病院の老朽化が進むのを踏まえたもので、現病院前の市道(明野西2条通)を挟んだ向かい側の土地1万6500平方メートルを11年度までに取得済み。現在、土地の一部をコンビニエンスストアに貸与している。

 オープン時期や総工費は未定。建物規模や病床数、診療機能などについては国が進める医療・介護政策の動向を踏まえ、院内で検討していく。

 高齢化が加速する中、国は健康寿命(心身共に自立して生活できる期間)を伸ばすよう提唱しており、同病院は現施設を生かした高齢者の運動施設などの整備を模索している。

 同病院は1989年10月開設。職員数は約400人で内科、リハビリ、緩和ケアを中心に外来、入院、在宅医療を展開している。入院ベッド260床体制で、救急治療が必要な急性期から回復期、慢性期、終末期まで幅広く対応し、道内で初めて設けた回復期リハビリ病棟で在宅復帰を後押しするほか、東胆振で唯一の緩和ケア病棟でがん医療にも取り組む。

 橋本理事長は「高齢化がますます進む中、20年、30年先の社会のありようを見据えた病院を築きたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...