北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧東病院、新施設建設を計画 20年度以降、東向かいに

新施設の建設を計画している苫小牧東病院

 苫小牧市明野新町の苫小牧東病院(橋本洋一理事長)が、2020年度以降、現病院の東向かいの土地に、新施設の建設を計画していることが29日までに分かった。建築規模などは未定だが、新施設に診療機能を移し、現病院の一部を健康増進のための施設として転用する方針だ。

 新施設建設は、現病院の老朽化が進むのを踏まえたもので、現病院前の市道(明野西2条通)を挟んだ向かい側の土地1万6500平方メートルを11年度までに取得済み。現在、土地の一部をコンビニエンスストアに貸与している。

 オープン時期や総工費は未定。建物規模や病床数、診療機能などについては国が進める医療・介護政策の動向を踏まえ、院内で検討していく。

 高齢化が加速する中、国は健康寿命(心身共に自立して生活できる期間)を伸ばすよう提唱しており、同病院は現施設を生かした高齢者の運動施設などの整備を模索している。

 同病院は1989年10月開設。職員数は約400人で内科、リハビリ、緩和ケアを中心に外来、入院、在宅医療を展開している。入院ベッド260床体制で、救急治療が必要な急性期から回復期、慢性期、終末期まで幅広く対応し、道内で初めて設けた回復期リハビリ病棟で在宅復帰を後押しするほか、東胆振で唯一の緩和ケア病棟でがん医療にも取り組む。

 橋本理事長は「高齢化がますます進む中、20年、30年先の社会のありようを見据えた病院を築きたい」としている。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...