北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

阿寒摩周名称変更記念式典

同公園のさらなる魅力向上を誓う德永会長

 【弟子屈】阿寒摩周国立公園の名称変更記念式典が3日、釧路圏摩周観光文化センターで行われ、構成11市町の関係者ら約400人が悲願達成を祝った。

 同公園は1934年指定。火山活動でできた阿寒・摩周・屈斜路カルデラを基盤にした原生の森と湖の景観が特長で、国内外から多くの観光客が訪れている。指定以来、名称変更を求める声が度々上がっていたことや近年の広域観光の推進など気運が高まり、昨年、関係自治体が国に名称変更を要請。今年8月、名称変更とともに神の子池など新たな区域を指定し、敷地面積を約9万1400㌶とした。

 式典では関係自治体で構成する同公園広域観光協議会会長の德永哲雄弟子屈町長が「名称変更を機に、観光客受け入れ体制の充実と魅力向上に努めたい」とあいさつ。武部新環境大臣政務官と伊東良孝前衆院議員、窪田毅道副知事が祝辞を寄せた。

 続いて東京都市大学特別教授の涌井史郎氏が「国立公園満喫プロジェクトと阿寒摩周国立公園」と題し基調講演。涌井氏は、公有地が多くを占める外国の国立公園に対し日本の国立公園は私有地が多く、人々の暮らしが身近だと指摘。「自然との共生は郷土への誇り・プライドとなり、地域創生や国際化につながる」と強調し、同プロジェクトが目指す世界水準のナショナルパークについて「阿寒摩周国立公園が日本の国立公園の未来のモデルになってほしい」と述べた。

 また、パネルディスカッションでは山田桂一郎JTIC SWISS代表をコーディネーターに涌井氏と河野通治環境省同公園管理事務所長、大西雅之NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構理事長、中嶋康雄摩周湖観光協会長、菅原淳北海道新聞釧路支社長が「これからの同公園を考える―環境保全と経済発展の自立を目指して」をテーマに意見を交わした。

国立公園指定から83年の名称変更を祝う参列者たち

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...