北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

阿寒摩周名称変更記念式典

同公園のさらなる魅力向上を誓う德永会長

 【弟子屈】阿寒摩周国立公園の名称変更記念式典が3日、釧路圏摩周観光文化センターで行われ、構成11市町の関係者ら約400人が悲願達成を祝った。

 同公園は1934年指定。火山活動でできた阿寒・摩周・屈斜路カルデラを基盤にした原生の森と湖の景観が特長で、国内外から多くの観光客が訪れている。指定以来、名称変更を求める声が度々上がっていたことや近年の広域観光の推進など気運が高まり、昨年、関係自治体が国に名称変更を要請。今年8月、名称変更とともに神の子池など新たな区域を指定し、敷地面積を約9万1400㌶とした。

 式典では関係自治体で構成する同公園広域観光協議会会長の德永哲雄弟子屈町長が「名称変更を機に、観光客受け入れ体制の充実と魅力向上に努めたい」とあいさつ。武部新環境大臣政務官と伊東良孝前衆院議員、窪田毅道副知事が祝辞を寄せた。

 続いて東京都市大学特別教授の涌井史郎氏が「国立公園満喫プロジェクトと阿寒摩周国立公園」と題し基調講演。涌井氏は、公有地が多くを占める外国の国立公園に対し日本の国立公園は私有地が多く、人々の暮らしが身近だと指摘。「自然との共生は郷土への誇り・プライドとなり、地域創生や国際化につながる」と強調し、同プロジェクトが目指す世界水準のナショナルパークについて「阿寒摩周国立公園が日本の国立公園の未来のモデルになってほしい」と述べた。

 また、パネルディスカッションでは山田桂一郎JTIC SWISS代表をコーディネーターに涌井氏と河野通治環境省同公園管理事務所長、大西雅之NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構理事長、中嶋康雄摩周湖観光協会長、菅原淳北海道新聞釧路支社長が「これからの同公園を考える―環境保全と経済発展の自立を目指して」をテーマに意見を交わした。

国立公園指定から83年の名称変更を祝う参列者たち

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...