北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

「増毛線」を散策 港や果樹園の風景楽しむ

増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩く「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」の参加者

 増毛町主催の「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」が、1日午前7時半からJR旧増毛駅を発着点に、旧JR留萌本線留萌―増毛間(増毛線)など、町内を巡るコースで開かれ、参加者が風景を楽しみながら、心地よい汗を流した。参加したJR北海道の島典賢取締役旭川支社長は「廃線跡をこのように活用してもらい感謝している。留萌、増毛間は歴史が深く観光の素材となるものが多くある。これからもしっかりと連携を取りながら盛り上げていきたい」と話していた。

 地方創生拠点整備交付金事業の「増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」の一環として実施するイベントで、町内をはじめ、旭川市や札幌市、北広島市などから親子連れなど約200人が参加した。

 この日は青空が広がる天候に恵まれ、参加者は同駅から旧箸別駅までの約2・5キロの線路コースをはじめ、町暑寒沢地区の果樹園、旧商家丸一本間家や国稀酒造株式会社が立ち並ぶ道道増毛港線の通称「ふるさと歴史通り」などを巡り、増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩き、暑寒別橋からサケが遡上(そじょう)している暑寒別川といった増毛町の風景を堪能していた。

 町内在住の70代の女性は「留萌市に遊びに行ったときに乗った鉄道の車窓から見ていた風景を思い出し、懐かしい気持ちになりました。ぜひまたやってほしい」と笑顔を見せていた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...