北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

「増毛線」を散策 港や果樹園の風景楽しむ

増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩く「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」の参加者

 増毛町主催の「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」が、1日午前7時半からJR旧増毛駅を発着点に、旧JR留萌本線留萌―増毛間(増毛線)など、町内を巡るコースで開かれ、参加者が風景を楽しみながら、心地よい汗を流した。参加したJR北海道の島典賢取締役旭川支社長は「廃線跡をこのように活用してもらい感謝している。留萌、増毛間は歴史が深く観光の素材となるものが多くある。これからもしっかりと連携を取りながら盛り上げていきたい」と話していた。

 地方創生拠点整備交付金事業の「増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」の一環として実施するイベントで、町内をはじめ、旭川市や札幌市、北広島市などから親子連れなど約200人が参加した。

 この日は青空が広がる天候に恵まれ、参加者は同駅から旧箸別駅までの約2・5キロの線路コースをはじめ、町暑寒沢地区の果樹園、旧商家丸一本間家や国稀酒造株式会社が立ち並ぶ道道増毛港線の通称「ふるさと歴史通り」などを巡り、増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩き、暑寒別橋からサケが遡上(そじょう)している暑寒別川といった増毛町の風景を堪能していた。

 町内在住の70代の女性は「留萌市に遊びに行ったときに乗った鉄道の車窓から見ていた風景を思い出し、懐かしい気持ちになりました。ぜひまたやってほしい」と笑顔を見せていた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...