北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

移動スーパー「とくし丸」が運行開始 さっそく主婦ら利用【留萌

移動スーパー「とくし丸」で生鮮食品や総菜などの買い物をする主婦たち

 株式会社中央スーパー(本社・留萌市、辻本哲也社長)が2日、移動スーパー「とくし丸」の運行を開始した。午前9時半から市内錦町のチューオー本店で出発式が行われ、辻本社長らによるテープカットのあと、買い物客の待つ地域に向かってスタートした。

 道内2台目、管内では初の導入となる「とくし丸」は、買い物に出掛けるのが困難な高齢者らに車で食料品や日用品を届ける移動スーパー。株式会社とくし丸(本社・徳島県、住友達也社長)が開発したシステムで冷蔵庫付の軽トラックに生鮮食品や食料品、総菜、日用雑貨などを積み込み、地域を巡回する。

 出発式では、辻本社長が「暮らしにおいしいものを届けたいと始め、創業56年に入った。地元に愛されてきたスーパーとして地域に恩返しができる。これからも市民に喜ばれ、必要とされるチューオーとして続けていきたい」とあいさつ。

 高橋定敏市長、留萌警察署の板垣信二副署長が来賓祝辞を述べたあと、担当パートナー(ドライバー)の丸山秀一さんが「お客様に喜ばれるものを届けていきたい」と話し、辻本社長、久保雅晴副社長、高橋市長、板垣副署長、担当パートナーの丸山さんの5人がテープカットを行った。

 この後、従業員ら約20人の拍手に送られて「とくし丸」が移動販売区域に向かってスタート。各地域では移動スーパーを待っていた主婦らが肉や魚、野菜、果物、総菜、パンや菓子類、缶詰などを約600種類の品物から選んで買い求めていた。70代の女性は「一人暮らしなのでありがたいですね。助かります」と話していた。

 出発式では、留萌警察署から担当パートナーに防犯や交通安全に向けた「高齢者ほっとアドバイザー」として協力を求め、板垣副署長から丸山さんに名刺大の認定証を手渡した。移動スーパーをオープンしたとき、買い物客の目に付く荷台にラミネート加工の「オレオレ詐欺」周知チラシを貼り、特殊詐欺被害の防止を訴えている。

 「とくし丸」は、チューオー本店を拠点に市内を三つのエリアに分け週2回ずつ巡回する。月・木曜日は沖見町と見晴町、火・金曜日は港町、元町、春日町、水・土曜日は大町の各地区を回り、今後エリアを増やしていく。今のところ申し込み客は150件ほどだが、移動スーパーでは誰でも買い物をすることができる。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...