北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

20年前の思い出と再会 北星小でタイムカプセル開封【函館】

2年生の作品を開封する(左から)類家教諭、佐藤さん、長谷川校長、笹谷さん

今年開校30周年を迎えた函館北星小学校(長谷川秋美校長、児童110人)で22日、20年前に校庭の花壇の一角に埋めた「タイムカプセル」が開封された。当時の全学年286人分の作品が、20年の時を超えてお披露目された。

 タイムカプセルは開校10周年を記念し実施。1997年11月1日から同校敷地内に埋められていた。頑丈なコンクリートの土管に入れた上、湿気取りの木炭と共にビニールで厳重に密封されていたものを9月に掘り起こした。

 同校体育館での開封式には、当時同校の教員として勤務し、現校長で開封責任者でもある長谷川校長に加え、当時の校長だった川内谷健三郎さん(77)のほか教員3人が駆けつけた。タイムカプセルは長谷川校長と同様に現在も同校に勤務する類家光子教諭の手伝いの元、1学年ずつビニールを開封。生徒自身の似顔絵や作文などの作品が当時の姿そのままに取り出された。作品を取りに来るように呼び掛けられた当時の児童たちは、歓声を上げながら自分たちの作品を探していた。

 当時2年生で、実家に回って来た回覧板で開封式を知ったという佐藤千春さん(27)は、当時飼っていた猫の話やパン屋さんになりたい、という当時の夢を見て「何を書いていたか覚えていなかったが(実際に見て)そういえば、そうだったと懐かしい気分」と笑顔。現在3歳の子どもがいる笹谷咲恵(旧姓廣瀬)さん(27)は当時書いた自身の似顔絵と周りの児童たちを見比べ「自分の子どももこうやって大きくなるのかな」と感慨深げだった。

 川内谷さんは「親子何代もこの地域に住んでいる、という方も多い。卒業生たちが再び学校を訪れるきっかけになることができ良かった」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...