北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館の画家中村さん、独立展に初挑戦で初入選【函館】

第85回独立展に初出展し、入選を果たした中村さんの「思考」

 独立美術協会の第85回独立展に油彩画「思考」を初出展した函館市元町の油彩画家、中村友子さん(67)が、このほど初入選を果たした。「入選には驚いている。今後も出展を考えており、励みになった。さらに勉強していかなくては」と話している。

 「思考」(1・62メートル四方)は、頭を抱える黒人女性やキャンバスに見立てた背景の白いレリーフ、ギターや人形、牛の頭骨、ドライフラワーなどを配した静物画。同協会会員で函館の画家、輪島進一さん(65)は「モチーフや色づかい、筆のタッチに内面性の厚みと重みを感じる」と評する。

 東京出身で、2009年から函館で暮らす。「東京の友人に絵を見せたかった。独立美術協会には尊敬する画家が多く、そこで自分の実力を試したかった」と経緯を語る。かつて描いた習作をヒントに、昨年から自宅のアトリエで1年かけて取り組んだという。

 作品は今月30日まで東京国立新美術館で展示された後、京都、大阪、名古屋、福岡を経て、来年4月1~12日には道立近代美術館(札幌)に巡回する。同展に搬入された作品は1341点で、このうち入選者は611人、このうち初入選者は70人だった。

 また、中村さんは11月7日から12日まで、札幌のギャラリー大通美術館で全道展の入賞者だけが出展できる「新鋭展」で新作を披露するという。

 独立美術協会は三岸好太郎らによって「新時代の美術の確立」などの宣言から1930(昭和5)年11月創立。翌31年1月に東京府美術館(現・東京都美術館)で第1回独立展を開いて以降、近代美術史を彩る画家らを輩出している。

関連記事

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...

苫小牧民報

民家や学校、農業設備も 東胆振の各地に地震爪痕

 今回の地震により、震源に近い東胆振では被害が相次いだ。現時点でけが人は苫小牧市内で3人の軽傷者が出た以外に報告されていないが、学校や牧場の施設、民家の一部などに被害が出ている。  ■苫小牧市 ...

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...