北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

留萌管内の林業関係者が見学したドローンの実演飛行

 留萌地域林政連絡会議など主催の講演会「森林・林業におけるドローンの活用について」が、20日午前10時から留萌市中央公民館講堂などで開かれ、留萌管内の林業関係者約90人が小型無人飛行機(通称・ドローン)を利用した森林管理などについて理解を深めた。

 留萌振興局、留萌北部森林管理署、留萌南部森林管理署で構成する同連絡会議が、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所北海道支所と共催。さまざまな分野で活用の可能性が研究され、すでに森林や林業分野でも災害調査、広範囲での森林管理、調査で活用してきているドローンの勉強会を開いた。

 同森林総合研究所北海道支所北方林管理研究グループの古家直行さんが「ドローンをはじめとした空間観測・解析技術の森林・林業への活用について」を演題に講演。離れたところから観測できるドローンが、森林を空から捉えてタイプ別に分布したり、地上からのアクセスが難しい場所の撮影、人為的や自然に変化する森林を繰り返し測定できることなどを解説した。

 デモンストレーション飛行では、古屋さんがコントローラーを操作し、プログラムの設定やカメラの角度や向きを変えながらドローンを上空80メートルの高さまで飛ばし、参加者たちはドローンの優れた性能に感心していた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...