北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

留萌管内の林業関係者が見学したドローンの実演飛行

 留萌地域林政連絡会議など主催の講演会「森林・林業におけるドローンの活用について」が、20日午前10時から留萌市中央公民館講堂などで開かれ、留萌管内の林業関係者約90人が小型無人飛行機(通称・ドローン)を利用した森林管理などについて理解を深めた。

 留萌振興局、留萌北部森林管理署、留萌南部森林管理署で構成する同連絡会議が、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所北海道支所と共催。さまざまな分野で活用の可能性が研究され、すでに森林や林業分野でも災害調査、広範囲での森林管理、調査で活用してきているドローンの勉強会を開いた。

 同森林総合研究所北海道支所北方林管理研究グループの古家直行さんが「ドローンをはじめとした空間観測・解析技術の森林・林業への活用について」を演題に講演。離れたところから観測できるドローンが、森林を空から捉えてタイプ別に分布したり、地上からのアクセスが難しい場所の撮影、人為的や自然に変化する森林を繰り返し測定できることなどを解説した。

 デモンストレーション飛行では、古屋さんがコントローラーを操作し、プログラムの設定やカメラの角度や向きを変えながらドローンを上空80メートルの高さまで飛ばし、参加者たちはドローンの優れた性能に感心していた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...