北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「函館はコンブ産地」道外で低い認知度【函館】

 函館はコンブの産地として道外で認知されていない―。函館大がまとめた「函館のコンブに関する意識調査」で、こんな結果が明らかになった。担当する大橋美幸准教授(社会学)は「函館とコンブをセットで知ってもらう取り組みが必要」と指摘している。

 今年6~8月に、市内のイベント(7月16日の函館くじらフェスティバル)や街頭でアンケートし、760人が回答した。

 コンブ産地でイメージするのはどこかを尋ねたところ、「函館」と答えた人は函館市、市外道内で多いが、道外は少ない。逆に「利尻」「日高」「羅臼」は函館から遠ざかるほど多くなった。道外に住む人は「利尻」「日高」「羅臼」がいずれも「函館」を上回った。

 「函館はコンブの生産量が全国一である」ことを知っている人は、函館市が28・3%、市外道内が32・3%でほぼ同数。道外では10・5%にとどまった。「函館のコンブの銘柄はマコンブである」ことを知っている人は、函館市が24・0%、市外道内が19・5%であまり変わらない。道外は11・0%。「いずれも知らない」は函館市、市外道内とも4割で、道外は7割になっている。

 函館市民に限って年代別にみると、生産量日本一、銘柄がマコンブとも40歳以上が良く知っている。いずれも知らないと答えたのは19歳以下の半数、20・30代の4割に上った。

 「函館のマコンブがコンブの中で最高級品である」と聞いて、函館の食のイメージが変わるか質問したところ、函館市、市外道内、道外いずれも3割以上の人が「おいしそうに感じる」と答えた。

 函館のコンブついて、現在のマコンブと、函館を加えた「函館真昆布」という名称のイメージを5点満点で尋ねたところ、おいしそうはマコンブ3・76点、函館真昆布3・90点、高級感はマコンブ3・70点、函館真昆布3・77点、素材が良いはマコンブ3・82点、函館真昆布3・87点。おいしそうはマコンブよりも函館真昆布で点数が高く、他はさほど差は見られなかった。

 函館市と市内5漁協は、地元産コンブの名称を「函館真昆布」に統一しPR活動に乗り出したが、大橋准教授は「函館をコンブ産地として認識していない道外では、どちらの名称でもイメージが変わらない。知名度向上に向け、積極的なPRが重要」と提言する。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス