北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「函館はコンブ産地」道外で低い認知度【函館】

 函館はコンブの産地として道外で認知されていない―。函館大がまとめた「函館のコンブに関する意識調査」で、こんな結果が明らかになった。担当する大橋美幸准教授(社会学)は「函館とコンブをセットで知ってもらう取り組みが必要」と指摘している。

 今年6~8月に、市内のイベント(7月16日の函館くじらフェスティバル)や街頭でアンケートし、760人が回答した。

 コンブ産地でイメージするのはどこかを尋ねたところ、「函館」と答えた人は函館市、市外道内で多いが、道外は少ない。逆に「利尻」「日高」「羅臼」は函館から遠ざかるほど多くなった。道外に住む人は「利尻」「日高」「羅臼」がいずれも「函館」を上回った。

 「函館はコンブの生産量が全国一である」ことを知っている人は、函館市が28・3%、市外道内が32・3%でほぼ同数。道外では10・5%にとどまった。「函館のコンブの銘柄はマコンブである」ことを知っている人は、函館市が24・0%、市外道内が19・5%であまり変わらない。道外は11・0%。「いずれも知らない」は函館市、市外道内とも4割で、道外は7割になっている。

 函館市民に限って年代別にみると、生産量日本一、銘柄がマコンブとも40歳以上が良く知っている。いずれも知らないと答えたのは19歳以下の半数、20・30代の4割に上った。

 「函館のマコンブがコンブの中で最高級品である」と聞いて、函館の食のイメージが変わるか質問したところ、函館市、市外道内、道外いずれも3割以上の人が「おいしそうに感じる」と答えた。

 函館のコンブついて、現在のマコンブと、函館を加えた「函館真昆布」という名称のイメージを5点満点で尋ねたところ、おいしそうはマコンブ3・76点、函館真昆布3・90点、高級感はマコンブ3・70点、函館真昆布3・77点、素材が良いはマコンブ3・82点、函館真昆布3・87点。おいしそうはマコンブよりも函館真昆布で点数が高く、他はさほど差は見られなかった。

 函館市と市内5漁協は、地元産コンブの名称を「函館真昆布」に統一しPR活動に乗り出したが、大橋准教授は「函館をコンブ産地として認識していない道外では、どちらの名称でもイメージが変わらない。知名度向上に向け、積極的なPRが重要」と提言する。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...