北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソン、経済波及効果5・6億円【函館】

函館マラソン大会実行委員会と函館大は25日、7月2日に開催した「2017函館マラソン」の市内への経済波及効果が5億6000万円だったとする試算結果を明らかにした。初めて試算し、市の補助金(3600万円)に対し約15倍の効果があったことが分かった。

 選手を対象にしたアンケート結果を基に算出。参加者と同行者(市内参加者除く)が宿泊や飲食、交通、土産などに消費した総額を2億5000万円と計算。生産誘発倍率1・49を乗じた額を3億8000万円とした。消費金額を居住地別にみると、合計平均で函館市は1000円、市外道内は2万円、道外は4万円程度だった。

 これに、警備費など事業費1億2000万円を市産業連関表に入れ込んだ1億8000万円を加え、合計で5億6000万円となった。

 アンケートには函大の大橋美幸准教授(社会学)が協力。ハーフ3653人、フル3310人にアンケート用紙を配り、大会後に郵送で回収した。有効回収数は1716人、回収率24・6%だった。

 大会の満足度を11項目について尋ねたところ、全項目で昨年を上回った。沿道応援は満足が76・4%で、昨年より9・6ポイント増えた。救護体制は満足が72・4%で14・7ポイント増。大会公式ウェブサイトも15・6ポイント増の66・9%が満足と答えた。

 今後の改善点として、競技場の荷物置き場での対応が指摘された。セキュリティー面を考慮し、荷物の引き渡しを対面方式にしたため、受け渡しに時間が掛かったという意見が多かった。おもてなし運営やエイド運営については品目によっては数が足らず、食べられなかったという不満の声も。制限時間はフル(5時間)に関して延長を望む声があったが、市民生活への影響を考慮し、中長期な課題として延長を慎重に検討する考えだ。

 市教委スポーツ振興課は「ランナーの意見が昨年より良い方へ傾いており、喜ばしい。課題を解決し、大会の満足度を高める努力をしたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...