北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

冬の観光誘客へPR強化 函館市とホテル旅館組合【函館】

冬季の函館に観光客を呼び込むためのポスターとガイドブック(中央)

 北海道新幹線の開業効果を持続させ、入込客の高止まりを図ろうと、函館市やホテル関係者は情報発信を強化する。毎年冬場に落ち込む観光客を底上げするため、市はポスターとガイドブックで函館の冬の魅力をPR。函館ホテル旅館協同組合(遠藤浩司理事長)は、函館、近郊の体験メニューがひと目で分かるパンフレットの配布を始め、旅行客の滞在日数増加につなげる狙いだ。

 同組合は「函館でしたい27の体験」と題したパンフレットを3万部発行。いかめし作りをはじめ、自然を満喫できる乗馬やカヌー、漁船クルージングなど多様な体験をA3版にまとめた。観光スポットや映画のロケ地、歴史的建造物などを巡るガイド付きのまち歩きもあり、いずれも当日または前日までに予約する。

 プログラムごとに内容や料金、所要時間などを掲載。申し込みの窓口は同組合に一本化した。加盟する宿泊施設や観光案内所などで配布している。

 遠藤理事長は「着地型観光を提案することで、宿泊日数を伸ばすきっかけになる。旅行会社を通じて修学旅行生にも活用してもえられば」と話している。問い合わせは同組合(0138・85・8686)へ。

 函館市は、夏場に比べて客足が伸び悩む冬季の集客増へ向け、新たなポスターとガイドブックを作った。

 「函館冬季観光誘客事業」の一環で、業務を委託する業者を4月に募集し、企画案などを基に選考。6月に契約した、電通北海道函館支社(代表)と北海道ジェイ・アール・エージェンシー、リクルート北海道じゃらんの3社で構成するグループが作成した。

 キャッチフレーズの「冬に恋。函館」は、冬の函館を好きになってもらおうと、「来い」と「恋」をかけた。デザインには五稜郭や金森赤レンガ倉庫のイルミネーションを使用した。

 ガイドブックは12ページ。今年で20回目の「はこだてクリスマスファンタジー」をはじめとした冬のイベントのほか、グルメ情報などを掲載。同グループが函館・近郊の40店舗に依頼して実現した11月からの限定メニューも盛りだくさん。

 ポスターはB1版が2種類で各400枚、ガイドブックはA4判で約6万部作った。それぞれ市内の宿泊施設や観光案内所に置くほか、ガイドブックはイベントに訪れた観光客などにも手渡す。市観光推進課は「澄んだ夜景が見られるのもこの時季だからこそ。冬の函館は寒いだけではなく、魅力にあふれていることを伝えたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...