北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

冬の観光誘客へPR強化 函館市とホテル旅館組合【函館】

冬季の函館に観光客を呼び込むためのポスターとガイドブック(中央)

 北海道新幹線の開業効果を持続させ、入込客の高止まりを図ろうと、函館市やホテル関係者は情報発信を強化する。毎年冬場に落ち込む観光客を底上げするため、市はポスターとガイドブックで函館の冬の魅力をPR。函館ホテル旅館協同組合(遠藤浩司理事長)は、函館、近郊の体験メニューがひと目で分かるパンフレットの配布を始め、旅行客の滞在日数増加につなげる狙いだ。

 同組合は「函館でしたい27の体験」と題したパンフレットを3万部発行。いかめし作りをはじめ、自然を満喫できる乗馬やカヌー、漁船クルージングなど多様な体験をA3版にまとめた。観光スポットや映画のロケ地、歴史的建造物などを巡るガイド付きのまち歩きもあり、いずれも当日または前日までに予約する。

 プログラムごとに内容や料金、所要時間などを掲載。申し込みの窓口は同組合に一本化した。加盟する宿泊施設や観光案内所などで配布している。

 遠藤理事長は「着地型観光を提案することで、宿泊日数を伸ばすきっかけになる。旅行会社を通じて修学旅行生にも活用してもえられば」と話している。問い合わせは同組合(0138・85・8686)へ。

 函館市は、夏場に比べて客足が伸び悩む冬季の集客増へ向け、新たなポスターとガイドブックを作った。

 「函館冬季観光誘客事業」の一環で、業務を委託する業者を4月に募集し、企画案などを基に選考。6月に契約した、電通北海道函館支社(代表)と北海道ジェイ・アール・エージェンシー、リクルート北海道じゃらんの3社で構成するグループが作成した。

 キャッチフレーズの「冬に恋。函館」は、冬の函館を好きになってもらおうと、「来い」と「恋」をかけた。デザインには五稜郭や金森赤レンガ倉庫のイルミネーションを使用した。

 ガイドブックは12ページ。今年で20回目の「はこだてクリスマスファンタジー」をはじめとした冬のイベントのほか、グルメ情報などを掲載。同グループが函館・近郊の40店舗に依頼して実現した11月からの限定メニューも盛りだくさん。

 ポスターはB1版が2種類で各400枚、ガイドブックはA4判で約6万部作った。それぞれ市内の宿泊施設や観光案内所に置くほか、ガイドブックはイベントに訪れた観光客などにも手渡す。市観光推進課は「澄んだ夜景が見られるのもこの時季だからこそ。冬の函館は寒いだけではなく、魅力にあふれていることを伝えたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス