北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

北海道市長会が秋季定期総会【名寄】

全道の各市長などが集まった秋季総会

 北海道市長会(会長・菊谷秀吉伊達市長)の平成29年秋季定期総会が18日にホテル藤花で開かれた。

 総会は春と秋の年2回、道内35市を持ち回りで開催。今回の開催場所は名寄となり、全道各地の市長や関係者など約100人が出席。菊谷会長はあいさつの中でJR北海道の問題に触れ、「鉄路を残す残さないの視点ではない。最も大事にしなければならない地域住民の目線を第一に考えるとともに、国土防衛の視点も含め地域公共交通を充実させなければならない」などと話した。

 来賓として高橋はるみ北海道知事も出席し、「北海道命名150年を迎えるため、将来を担う子どもたちの記憶に残る各種イベントを、にぎにぎしく全道展開したい。そのために、札幌だけではなく、道内各市の協力をいただきたい」と呼び掛けた。

 議案審議では、「地方創生」や「自由貿易協定」「JR北海道の安定的な経営に向けた支援」「地方行財政・社会保障制度改革・エネルギー政策と原子力発電所」に関する決議を採択。要請事項として、国に対して医療・福祉・教育や環境など55件、道に対して国民健康保険制度の円滑実施や総合的な子育て支援策など63件で要請することを決めた。続いて、全国的に問題となっている「空き家対策」をテーマに意見交換。各市の取り組みで、道内初となる特定空き家解体の行政代執行を実施した室蘭市が「土砂災害の可能性もあったため、840万円の費用で解体し、建物所有者には分納で支払ってもらっている。また、150万円を限度に10分の9の解体補助も行っている」と説明した。

 終了後の行政視察では、国内2番目の大型望遠鏡を設置した市立天文台「きたすばる」を見学した。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...