北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「無事に走ってくれれば」 祈る気持ちで応援のヤナガワ牧場

GⅠ6勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 29日に東京競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・天皇賞秋(芝2千㍍)で優勝したキタサンブラックの生産者・日高町町福満のヤナガワ牧場は、天皇賞春秋を連覇し中央GⅠ6勝目の快挙に沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は長男の正普(まさひろ)さんが社長で、繁殖牝馬など年間100~120頭をけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は10度目となる。

 この日、正普社長(47)は東京競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「出走8頭のGⅠ優勝馬の前でぶざまな姿だけは見せて欲しくなかった。“無事走ってくれれば”とだけ祈っていた」と話し、武豊騎手の見事な手綱さばきもたたえ感無量の様子で喜びを噛みしめた。

 レース直後には本間満門別町農協組合長や牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

 朗報に早々と駆けつけた三輪茂町長も、「心からうれしく思う。わが町はもとより馬産地日高地域全体の誇りであり生産者の励み」と話した。

 ブラックは歌手の北島三郎さんがオーナーで、ジャパンカップ、有馬記念を最期に今季限りで引退する。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...