北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「無事に走ってくれれば」 祈る気持ちで応援のヤナガワ牧場

GⅠ6勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 29日に東京競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・天皇賞秋(芝2千㍍)で優勝したキタサンブラックの生産者・日高町町福満のヤナガワ牧場は、天皇賞春秋を連覇し中央GⅠ6勝目の快挙に沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は長男の正普(まさひろ)さんが社長で、繁殖牝馬など年間100~120頭をけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は10度目となる。

 この日、正普社長(47)は東京競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「出走8頭のGⅠ優勝馬の前でぶざまな姿だけは見せて欲しくなかった。“無事走ってくれれば”とだけ祈っていた」と話し、武豊騎手の見事な手綱さばきもたたえ感無量の様子で喜びを噛みしめた。

 レース直後には本間満門別町農協組合長や牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

 朗報に早々と駆けつけた三輪茂町長も、「心からうれしく思う。わが町はもとより馬産地日高地域全体の誇りであり生産者の励み」と話した。

 ブラックは歌手の北島三郎さんがオーナーで、ジャパンカップ、有馬記念を最期に今季限りで引退する。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...