北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「無事に走ってくれれば」 祈る気持ちで応援のヤナガワ牧場

GⅠ6勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 29日に東京競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・天皇賞秋(芝2千㍍)で優勝したキタサンブラックの生産者・日高町町福満のヤナガワ牧場は、天皇賞春秋を連覇し中央GⅠ6勝目の快挙に沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は長男の正普(まさひろ)さんが社長で、繁殖牝馬など年間100~120頭をけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は10度目となる。

 この日、正普社長(47)は東京競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「出走8頭のGⅠ優勝馬の前でぶざまな姿だけは見せて欲しくなかった。“無事走ってくれれば”とだけ祈っていた」と話し、武豊騎手の見事な手綱さばきもたたえ感無量の様子で喜びを噛みしめた。

 レース直後には本間満門別町農協組合長や牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

 朗報に早々と駆けつけた三輪茂町長も、「心からうれしく思う。わが町はもとより馬産地日高地域全体の誇りであり生産者の励み」と話した。

 ブラックは歌手の北島三郎さんがオーナーで、ジャパンカップ、有馬記念を最期に今季限りで引退する。

関連記事

苫小牧民報

香り豊か、追分カンロ収穫始まる-安平

 安平町追分で初夏の味覚、追分カンロの収穫が24日から始まった。今季は寒暖の差がありビニールハウス内の温度調整に苦労したが品質は上々。甘みと香りが豊かなカンロに仕上がったという。出荷作業は9月中...

苫小牧民報

あす周年記念行事 東千歳駐屯地を一般開放-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は27日午前8時~午後3時、司令部のある千歳市祝梅の東千歳駐屯地を一般開放し、創隊63周年・同駐屯地創立64周年記念行事を催す。25日に総合予行(リハーサル)を行い、主力戦車...

日高報知新聞

刑務所など国施設の誘致

【日高】富川高2年生の総合的学習の成果を披露する「地域課題探究」の発表会が23日、同高(田辺裕二校長)で開かれた。  31人の生徒たちが7グループに分かれ発表した内容は①富川高の生徒減②名産品の発掘③若...

日高報知新聞

和田竜二騎手が献花

【新冠】西泊津の白馬牧場に設置されているGⅠ7勝馬・テイエムオペラオー(牡22歳)を追悼する献花台に24日、現役時代の全レースで手綱を取った和田竜二騎手(40)が訪れた。  同牧場で種牡馬としてけい養さ...

名寄新聞

「もち米ようかん」商品化【名寄】

 名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポー...