北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「無事に走ってくれれば」 祈る気持ちで応援のヤナガワ牧場

GⅠ6勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 29日に東京競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・天皇賞秋(芝2千㍍)で優勝したキタサンブラックの生産者・日高町町福満のヤナガワ牧場は、天皇賞春秋を連覇し中央GⅠ6勝目の快挙に沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は長男の正普(まさひろ)さんが社長で、繁殖牝馬など年間100~120頭をけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は10度目となる。

 この日、正普社長(47)は東京競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「出走8頭のGⅠ優勝馬の前でぶざまな姿だけは見せて欲しくなかった。“無事走ってくれれば”とだけ祈っていた」と話し、武豊騎手の見事な手綱さばきもたたえ感無量の様子で喜びを噛みしめた。

 レース直後には本間満門別町農協組合長や牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

 朗報に早々と駆けつけた三輪茂町長も、「心からうれしく思う。わが町はもとより馬産地日高地域全体の誇りであり生産者の励み」と話した。

 ブラックは歌手の北島三郎さんがオーナーで、ジャパンカップ、有馬記念を最期に今季限りで引退する。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...