北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夜景見学バスの乗車率が過去最高で推移【室蘭】

今年も好評を得ている「室蘭夜景見学バス」

 室蘭観光推進連絡会議と道南バスが運行している「室蘭夜景見学バス」の今年の平均乗車率が、21日現在で16・59ポイント増の95・16%で、過去最高で推移している。最終日の28日も増便を出すことが決まっており、室蘭の夜景観光が盛り上がりを見せている。見学は主にJXTGエネルギー室蘭製造所の工場夜景を見るルート。2019年3月末に同所の製造部門の事実上の撤退が決まっており、今後の行方が注目される。

 夜景観光バスは室蘭の工場夜景のアピールや観光の利便性を考慮し、13年に開始。今年も春の大型連休や6~10月の毎週土曜日、3連休の日曜日などに設定した。21日までに30回運行し、延べ1180人が利用。団体の申し込みがあったこともあり、8月の乗車率は145%を記録した。

 事務局の室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「今年は全般的に好調。旅行雑誌などでも多く取り上げられ、知名度が上がり、定着したのではないか」と増加した要因を説明する。

 海外の旅行雑誌などでも紹介されたことで、アジア系を中心とした外国人観光局の利用も徐々に増えている。外国人の個人旅行者の増加に伴い、問い合わせも多く寄せられている。事務局は英語を併記したリーフレットを配布して対応している。

 一方、コースのマンネリ化など課題も徐々に浮き彫りになっている。また、道の駅みたら室蘭や祝津公園展望台、陣屋除雪ステーションなどを回るルートでは、同室蘭製造所の工場夜景が主な見学対象の一つ。

 仲嶋事務局長は「今後の見通しは不透明なので、現状ではコメントできない」とし、動きを注視していく。

 夜景見学バスの利用は完全予約制で大人千円、小児500円。申し込みは室蘭観光協会、電話0143・23局0102番へ。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...