北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌市子どもまつりに千人来場 多彩な催しを満喫

エアー遊具「ベビーマジックランド」で笑顔を弾ませる子供たち

 留萌市青少年健全育成推進員協議会(髙田昌昭会長)、市教育委員会主催の留萌市子どもまつりが、5日午前9時から市中央公民館と市スポーツセンターで開かれ、子供を中心に約千人(主催者発表)が訪れて日本の伝統的な遊びや物作り体験、エアー遊具など多彩な催し満喫した。

 幼児や小中学生を対象にゲームや昔の遊びなどにチャレンジし、楽しい時間を過ごしてもらおう―と毎年実施しており、今年で29回目を迎えた。留萌地方総合技能士会、留萌地方法人会女性部会、留萌間税会、留萌ライオンズクラブが共催、市内の菓子店、生花店、各種文化団体、中学校、高校などが後援・協力して約200人のスタッフで運営した。

 今年は、同協議会の創立50周年事業と位置づけて内容を充実させた。初めてスポーツセンターを会場として利用し、新たな催しとして「ベビーマジックランド」などエアー遊具を2基設置した。

 また、10年後に希望の宛先に手紙が届く「未来への手紙」コーナーをはじめ、カメラ付きドローン(小型無人飛行機)の飛行実演、電動ミニショベルカーによるスマートボールすくい、レンガアーチ橋作り、昔の遊びやものづくりの体験コーナー、各種ゲームコーナーのほか、和太鼓、フラダンス、バトントワリングなどの実演や体験コーナーを子供たちが興味深く回った。

 中央公民館では、絵手紙やアレンジフラワー、カプラ遊び、簡単工作、茶道、綿あめ作り、餅つきなどさまざまな体験に子供たちが熱心に取り組んでいた。

 同公民館講堂に設けた「100円ぐるめビュッフェ」は、5枚一組100円の食券が用意した600枚があっという間に完売する人気ぶりでケーキやパン、パスタ、手打ちそば、ウニめし、ジュースなどを味わっていた。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...