北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌市子どもまつりに千人来場 多彩な催しを満喫

エアー遊具「ベビーマジックランド」で笑顔を弾ませる子供たち

 留萌市青少年健全育成推進員協議会(髙田昌昭会長)、市教育委員会主催の留萌市子どもまつりが、5日午前9時から市中央公民館と市スポーツセンターで開かれ、子供を中心に約千人(主催者発表)が訪れて日本の伝統的な遊びや物作り体験、エアー遊具など多彩な催し満喫した。

 幼児や小中学生を対象にゲームや昔の遊びなどにチャレンジし、楽しい時間を過ごしてもらおう―と毎年実施しており、今年で29回目を迎えた。留萌地方総合技能士会、留萌地方法人会女性部会、留萌間税会、留萌ライオンズクラブが共催、市内の菓子店、生花店、各種文化団体、中学校、高校などが後援・協力して約200人のスタッフで運営した。

 今年は、同協議会の創立50周年事業と位置づけて内容を充実させた。初めてスポーツセンターを会場として利用し、新たな催しとして「ベビーマジックランド」などエアー遊具を2基設置した。

 また、10年後に希望の宛先に手紙が届く「未来への手紙」コーナーをはじめ、カメラ付きドローン(小型無人飛行機)の飛行実演、電動ミニショベルカーによるスマートボールすくい、レンガアーチ橋作り、昔の遊びやものづくりの体験コーナー、各種ゲームコーナーのほか、和太鼓、フラダンス、バトントワリングなどの実演や体験コーナーを子供たちが興味深く回った。

 中央公民館では、絵手紙やアレンジフラワー、カプラ遊び、簡単工作、茶道、綿あめ作り、餅つきなどさまざまな体験に子供たちが熱心に取り組んでいた。

 同公民館講堂に設けた「100円ぐるめビュッフェ」は、5枚一組100円の食券が用意した600枚があっという間に完売する人気ぶりでケーキやパン、パスタ、手打ちそば、ウニめし、ジュースなどを味わっていた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...