北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

“ジャズのまち”は財産 クラブSJF招き音楽交流【根室】

「ニムオロ・ネイナ」を演奏するクラブSJF、EPJO、光洋・柏陵の両吹奏楽部ら

 大地みらい信用金庫(遠藤修一理事長)は21日、札幌を拠点に活動する中学生ジャズバンド「クラブSJF」を招いた音楽交流事業を市内で開いた。この日は市内の中学生とイースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO)、クラブSJFが一堂に会しての合同演奏も展開。遠藤理事長は「ジャズは根室にとって大切な引き出し。この財産を若い世代へとつなげてほしい」と“ジャズのまち根室”の盛り上がりに期待を込めていた。

 同信金は創立100周年を迎えた昨年、道内屈指のジャズフェス「サッポロ・シティ・ジャズ」に協賛。これを接点に、同フェスと連動して小中学生向けに普及活動をする「札幌ジュニアジャズスクール」から一部のメンバーと講師を招き、根室の中学生を対象にした音楽交流事業のワークショップ、合同演奏会をそれぞれ初めて企画した。

 来根したのは、同スクールの中学生で構成する「クラブSJF」。SJFは同フェスの前身「札幌ジャズの森」の略称で、毎週末の定期スクールを重ねながら道内各所で行われる音楽イベントに出演している。今回は18人のメンバーが参加し、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロを会場に交流事業を展開した。

 同スクールが道内各地で展開する「ジャズの種プロジェクト」の一環として開いたワークショップには、光洋、柏陵の両中学校で活動する吹奏楽部が参加し、スクール常任講師の杉本武志さんがジャズの起源や楽しみ方、演奏法、ジャズに欠かせない“アドリブ”のメロディーを自作する方法を伝授した。

 杉本さんは、ジャズの発祥は1865年の奴隷解放がきっかけの一つであることを示し、「ジャズは難しい顔で演奏するものではなく、喜びを爆発させて楽しむもの」と生徒らの演奏スタイルに助言。参加した光洋中吹奏楽部の奥瀬李胡部長は、「目新しいことばかりで驚きの連続だった」と目を輝かせていた。

 この後同会場で開かれたコンサートには、100人を超える市民が足を運び、若きプレイヤーのフレッシュな演奏と、EPJOが織り成す大人のジャズの世界に酔いしれた。舞台ではそれぞれのレパートリー十二曲をコラボ演奏を交えて披露したほか、昨年吹奏楽アレンジを完成させ、若い世代に引き継ごうと光洋中吹奏楽部に指導している「ニムオロ・ネイナ」を出演者全員で熱演してフィナーレを飾った。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス