北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

68年間の歴史に幕 日高町立里平小で閉校式

式典で最後の校歌を斉唱する児童たち

 日高町立里平小学校(上野信仁校長、児童6人)の閉校式が25日、同校体育館で行われた。少子化により68年間の歴史に幕を閉じる。来春3月31日で閉校し、厚賀小学校へ統合される。

 里平小は昭和24年に正和小学校里平分校として開校。25年に里平小として発足し、33年に中学校を併置した。平成7年に里平山村里親留学推進協議会を立ち上げ、9年から山村留学児童生徒の受け入れを開始してきた。

 現在の在校生は山村留学児童1人を含め6人で、同町の小規模校はすべて統合されており同校1校が存続していた。

 日高町と同小閉校記念事業実行委主催の式典では、国歌と校歌斉唱に続き、三輪茂日高町長が「68年にわたり地域とともに育まれた本校の歴史と伝統は輝きを失うことなく受け継がれ、日高町発展の一翼を担っていくものと確信する」と式辞。来賓の赤間幸人日高教育局長と神保一哉町議会議長がそれぞれ在校児童の門出にエールを送った。

 藤沢澄雄、金岩武吉両道議ら来賓の紹介に続き、上野校長が「閉校しても里平魂を誇りに新たな可能性を求め続けてほしい」と万感の思いを込め惜別の言葉を述べた、

 最後に児童会長の水口美深さんが楽しかった学校生活の思い出の数々を披露。教員や来賓、父母、卒業生ら約100人が見守るなか、6人の児童は土田作郎教育委員長に校旗を返納し、式典を閉じた。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...