北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イクラ「高値」の花 年末需要で品薄懸念【帯広】

筋子は昨年より4割高。イクラは品薄で数は少ない(ダイイチ東店で)

 イクラが品薄となり、価格が高騰している。サケの不漁で供給不足となったのが主な要因で、帯広地方卸売市場の卸値は昨年に比べ5割ほど上昇、過去30年で最高水準となっている。12月から本格的な需要期となるが、近年の品薄傾向から在庫もほとんどなく、売れ行きによっては品切れの可能性も。帯広市内のスーパーやおせち業者、すし店などは、先が見通せない状況に頭を痛めている。

 帯広地方卸売市場によると、同市場で扱うイクラは例年6、7トンだが、今年は3トンほどにまで減少。価格も1キロ5000円ほどだったのが、1万円台に上昇している。担当者は「勤務してきた30年間で記憶にない数字」と話す。今年は全国的にサケが取れず、市場に出回る生筋子も激減。近年続く品薄のため在庫はほとんどなく、各地で取り合いになったことも価格高騰に拍車を掛けた。

 12月からは歳暮、おせち用としてイクラの需要が本格的に高まる。売り上げ低下も考えられるが、同市場では「半分売れれば昨年と同じ額。それぐらいはいくと思う」と予想。一方、在庫はほとんどないため「予想以上に売れれば、年内でなくなる可能性もある」とする。

 スーパーのダイイチは11月時点での影響はあまりないとするが、例年、家庭で作るおせちなどで需要が増える12月の売り上げ低下を懸念。既にシーズンを終えたが、値上がりした生筋子は「相当(売り上げを)落とした」(担当者)といい、イクラについても「落ちると予想している」と厳しい見方を示す。今、店頭に置かれているのは加工の筋子が主。イクラは数自体が少なく、価格は昨年より3~4割ほど高い100グラム1380円前後となっている。

 一方、市内でおせちを作る業者は、値上がりを想定しイクラの仕入れ価格を設定。食材の組み合わせなどを工夫し、おせちの価格自体は昨年並みを維持する。イクラが予想以上に値を上げる中、「今年は仕方ない。来年どうするか、価格や量の変更も含めて考えるしかない」と話す。

 イクラの価格高騰で、市内のすし店では値上げを検討する声も。寿司正の正木利男代表は「水産物はどれも同じ状態。高くてなかなか入ってこない」とし、江戸前すし友の藤平考征店長も「値段設定した当時とは全然違う。仕入れられる量も価格も、どうなるか分からない状態」と苦境を話している。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...