北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イクラ「高値」の花 年末需要で品薄懸念【帯広】

筋子は昨年より4割高。イクラは品薄で数は少ない(ダイイチ東店で)

 イクラが品薄となり、価格が高騰している。サケの不漁で供給不足となったのが主な要因で、帯広地方卸売市場の卸値は昨年に比べ5割ほど上昇、過去30年で最高水準となっている。12月から本格的な需要期となるが、近年の品薄傾向から在庫もほとんどなく、売れ行きによっては品切れの可能性も。帯広市内のスーパーやおせち業者、すし店などは、先が見通せない状況に頭を痛めている。

 帯広地方卸売市場によると、同市場で扱うイクラは例年6、7トンだが、今年は3トンほどにまで減少。価格も1キロ5000円ほどだったのが、1万円台に上昇している。担当者は「勤務してきた30年間で記憶にない数字」と話す。今年は全国的にサケが取れず、市場に出回る生筋子も激減。近年続く品薄のため在庫はほとんどなく、各地で取り合いになったことも価格高騰に拍車を掛けた。

 12月からは歳暮、おせち用としてイクラの需要が本格的に高まる。売り上げ低下も考えられるが、同市場では「半分売れれば昨年と同じ額。それぐらいはいくと思う」と予想。一方、在庫はほとんどないため「予想以上に売れれば、年内でなくなる可能性もある」とする。

 スーパーのダイイチは11月時点での影響はあまりないとするが、例年、家庭で作るおせちなどで需要が増える12月の売り上げ低下を懸念。既にシーズンを終えたが、値上がりした生筋子は「相当(売り上げを)落とした」(担当者)といい、イクラについても「落ちると予想している」と厳しい見方を示す。今、店頭に置かれているのは加工の筋子が主。イクラは数自体が少なく、価格は昨年より3~4割ほど高い100グラム1380円前後となっている。

 一方、市内でおせちを作る業者は、値上がりを想定しイクラの仕入れ価格を設定。食材の組み合わせなどを工夫し、おせちの価格自体は昨年並みを維持する。イクラが予想以上に値を上げる中、「今年は仕方ない。来年どうするか、価格や量の変更も含めて考えるしかない」と話す。

 イクラの価格高騰で、市内のすし店では値上げを検討する声も。寿司正の正木利男代表は「水産物はどれも同じ状態。高くてなかなか入ってこない」とし、江戸前すし友の藤平考征店長も「値段設定した当時とは全然違う。仕入れられる量も価格も、どうなるか分からない状態」と苦境を話している。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...