北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

病院外がんサロン設立へ 管内初、来年2月予定【帯広】

十勝初の院外がんサロンを開設する(左から)古城さんと鈴木さん

 がん患者・家族の支援会えんぽっくる(古城剛代表世話人)は、管内で初めて病院外にがんサロンを開設する。月に1度、男性特有がんや女性特有がん、家族の悩みをテーマに設定し、参加者が悩みを話し合う。現在、管内には病院が主催するサロンはあるが、院外に課題を細分化したサロンはない。2018年2月にも開設予定で、患者や家族が心置きなく語れる場をつくり、当事者らが支え合う環境をつくる考えだ。

 えんぽっくるは、自身も大腸や肝臓のがんを患う帯広在住の古城さん(58)が16年8月に立ち上げた。帯広厚生病院が主催する院内がんサロン「エンポックル」と協調し、毎月第3水曜にサロンを開いてきた。エンポックルとの活動は今後も積極的に取り組む。

 院外サロンを開設するのは、活動の中で仲間が増えるうちに「同じがんでも女性特有がん、男性特有がんがある。患者を支える家族も、当事者とは違った悩みを抱えている」(古城さん)という課題を、改めて認識したためだ。

 立ち上げ当初は匿名のサポーターこそ集まったが、なかなか病気をオープンにして一緒に活動してくれる会員は出てこなかった。ただ、乳がんを患った自身の体験から「女性のがん患者を支えたい。女性の気持ちに配慮してくれる社会をつくりたい」という鈴木千鶴さん(49)=帯広=など、古城さんを含めて4人の正会員が集まった。

 古城さんは「鈴木さんとともに、女性特有がんをテーマにした講演会『Pink Ribbon in おびひろ』を企画する中で、女性特有の悩みや、家族に寄り添うサロンも必要だという思いを強くした」と話す。

 院外サロンでは男性特有がんの回を古城さん、女性特有がんの回を鈴木さんが担当する。鈴木さんは「普通におしゃべりする中で、悩みを打ち明けられる場所に」としている。また、管内から幅広く医療関係者の参加を募り、垣根のない環境で情報交換できるようにもする。

 25日には帯広市が開催するまちづくりのアイデア発表会「Motto おび広がる プロジェクト」の公開プレゼンテーションに古城さんが参加し、多くの人が院外サロンに来てくれるよう呼び掛ける予定。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...