北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

病院外がんサロン設立へ 管内初、来年2月予定【帯広】

十勝初の院外がんサロンを開設する(左から)古城さんと鈴木さん

 がん患者・家族の支援会えんぽっくる(古城剛代表世話人)は、管内で初めて病院外にがんサロンを開設する。月に1度、男性特有がんや女性特有がん、家族の悩みをテーマに設定し、参加者が悩みを話し合う。現在、管内には病院が主催するサロンはあるが、院外に課題を細分化したサロンはない。2018年2月にも開設予定で、患者や家族が心置きなく語れる場をつくり、当事者らが支え合う環境をつくる考えだ。

 えんぽっくるは、自身も大腸や肝臓のがんを患う帯広在住の古城さん(58)が16年8月に立ち上げた。帯広厚生病院が主催する院内がんサロン「エンポックル」と協調し、毎月第3水曜にサロンを開いてきた。エンポックルとの活動は今後も積極的に取り組む。

 院外サロンを開設するのは、活動の中で仲間が増えるうちに「同じがんでも女性特有がん、男性特有がんがある。患者を支える家族も、当事者とは違った悩みを抱えている」(古城さん)という課題を、改めて認識したためだ。

 立ち上げ当初は匿名のサポーターこそ集まったが、なかなか病気をオープンにして一緒に活動してくれる会員は出てこなかった。ただ、乳がんを患った自身の体験から「女性のがん患者を支えたい。女性の気持ちに配慮してくれる社会をつくりたい」という鈴木千鶴さん(49)=帯広=など、古城さんを含めて4人の正会員が集まった。

 古城さんは「鈴木さんとともに、女性特有がんをテーマにした講演会『Pink Ribbon in おびひろ』を企画する中で、女性特有の悩みや、家族に寄り添うサロンも必要だという思いを強くした」と話す。

 院外サロンでは男性特有がんの回を古城さん、女性特有がんの回を鈴木さんが担当する。鈴木さんは「普通におしゃべりする中で、悩みを打ち明けられる場所に」としている。また、管内から幅広く医療関係者の参加を募り、垣根のない環境で情報交換できるようにもする。

 25日には帯広市が開催するまちづくりのアイデア発表会「Motto おび広がる プロジェクト」の公開プレゼンテーションに古城さんが参加し、多くの人が院外サロンに来てくれるよう呼び掛ける予定。

関連記事

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

十勝毎日新聞

おっかなびっくり乳搾り 児童が農業体験【幕別】

 幕別町主催の「農業体験塾」が18日、町南勢の田村牧場(田村寛興代表)などで開かれ、小学生が搾乳体験や子牛との触れ合いを楽しんだ。  町の基幹産業である農業を身近に感じ、農業と食料の関わりに...

十勝毎日新聞

すずさんデザインの機体見学 JALが企業交流会【帯広】

 日本航空(JAL)の十勝地区企業交流会が21日、帯広空港ターミナルビルで開かれた。NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機などを見学した。  交流会は今年で6回目、空港での...

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO...

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の...