北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

設計コンクールで入賞・産業高校建築システム科【名寄】

入賞を果たし笑顔を浮かべる谷本君、畠山君、佐々木さん、北田君、谷口君=左から=

 名寄産業高校建築システム科3年生が、建築設計コンクールで入賞。佐々木灯里さんが第14回星槎道都大学美術学部高校生住宅設計コンクールで最優秀賞。北田幹君と谷口毅和君は第63回工高生デザインコンクール(日本建築協会主催)で最優秀賞。谷本璃空君と畠山育夢君は第31回日本工業大学建築設計競技で佳作を受賞した。

 同科生徒は各種コンクールへ積極的に出品しており、成績を残している。

 佐々木さんは星槎道都大学のコンクールで最優秀賞。同校生徒の最優秀賞は昨年の鈴木志穂さん(星槎道都大学1年)に続き2年連続となった。「理容室の三代目店主の家」がテーマで「結~世代をつなぐ理容室~」のタイトルで出品。実際に理容室を見学してから設計に取り掛かっており「お年寄りから子どもまで多くの人が利用でき、顔そりで訪れる女性が周囲から見られることがないよう配慮。商店街の人たちも巻き込んで世代がつながるようウッドデッキ、縁側、足湯を設け、腰を下ろして交流できれば」とコンセプトを語る。

 北田君と谷口君は日本建築協会のコンクールで最優秀賞。道内の高校生が最優秀賞を受けるのは初めて。また、設計図は鉛筆による手描きなど規定が細かに決められ、レベルは高いとのこと。「伝統工芸館」がテーマで「アイヌ民族工芸館 コロポックルの住み家」のタイトルで出品。妖精の「コロポックル」が登場する神話をもとにしており「伝統工芸に縁がなかったが、アイヌには伝統工芸があることを思い付いた。屋根はフキの葉をイメージ。館内にもフキの葉、川、滝があり、博物館になっている。小さい時に親子、小中学生の時に社会科見学、大人になって子どもを連れて訪れることができれば」とのコンセプトだ。

 谷本君と畠山君は日本工業大学の設計競技で佳作。「風景を開く家」がテーマで「縁が輪をつなぐ景色」のタイトルで出品した。谷本君は風連生まれで「風連では高齢者が多くなっているのが現状。寂しくならないよう集まって暮らせる家をつくった。共有スペースには縁側を設け、目が行き届くようにした」などとコンセプトを話し、4戸の集合住宅を設計した。タイトルの「縁が輪」は縁側とかけている。

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...