北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

生きるエネルギーに 食育の講演で知識深める

食育の大切さについて語る山際さん

 浦河町PTA連合会研究大会が26日、総合文化会館で開かれ、子供どもの健全な成育に大切な食育の講演で知識を深めた。

 講師は長く学校栄養職員として札幌市内の小学校に勤務し、元道栄養士会副会長を歴任した管理栄養士で、現在、道食育コーディネーターを務める山際睦子さん。

 「食べることは生きること」と題し、浦河町の児童生徒の食事の状況などを示し、バランス良い栄養でひと手間減らす調理方法も紹介した。

 研究大会には保護者や学校関係者を中心に約120人が参加。連合会の小林光紀会長は「子どもたちの生活習慣で大切な食事について、偏食や不規則な食事など健康を害する問題があり、今日は食育について知識を深めたい」とあいさつ。

 山際さんは生涯にわたり健康的な生活の基本となる食の大切さ、日々の朝食が子どもたちの心の健康、脳の発育にも大きく影響することを解説。

 山際さんがまとめた浦河町の子どもの朝食摂取(平成22年度)は、毎日必ず食べる児童生徒が小学85%、中学83%、高校88%で、欠食率(1週間に2、3回食べない~ほとんど食べない)は10%以上。全国平均(平成22年度)と同じ傾向だが、小中高校とも浦河町のほうが若干欠食率は高い。

 朝食欠食とペーパーテストや体力テストの関係、欠食理由や食べている内容、肥満と痩身、栄養バランスのよい朝食、睡眠時間や起床時間なども解説。活動の始まりのエネルギーになる朝食を食べないと「体調的に眠い、疲れやすい、落ち着かない、気力が出なくしっかり悩が働かない」状況に陥り「肥満につながる」と指摘。ひと手間省く料理講習の内容も紹介した。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...