北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

12月3日に津軽すこっぷ三味線世界大会 苫小牧の出場者、練習

練習に熱が入る会員とかんばやしさん(左)

 津軽すこっぷ三味線苫小牧(西村美代子会長)の会員5人と、苫小牧市の観光大使でシンガーソングライターのかんばやしまなぶさんが12月3日、青森県五所川原市で開かれる「第11回津軽すこっぷ三味線世界大会」(実行委員会主催)に出場する。同団体としては昨年に続き2回目の世界大会出場となり、本番に向けた練習に熱が入っている。

 和気あいあいとした雰囲気の中、曲が流れると、そのリズムに合わせて軽快にスコップを栓抜きでたたく。「カンカン」と、迫力ある音が店内に響き渡る。

 市内ときわ町のスナックサクセスでは、かんばやしさんと交流がある店主の鷹松弘子さんが「何か役に立ちたい」と店内を全体練習の場所として開放している。

 大会はエントリー(公募)制。団体の部で、細川たかしさんの「浪花節だよ人生は」を披露する。個人の部にも西村会長、同会員の有田勝彦さん、かんばやしさんが出場予定。今大会は日本人のみの参加で、全国から団体の部に11団体、個人の部には30人がエントリーしている。

 前大会では団体8位。西村会長は「団体、個人ともに昨年以上の成績を目指ししつ、演奏を楽しみたい」と意気込む。かんばやしさんは、今年2月のライブで同会と共演。会員たちの熱気あふれる演奏に感銘を受け、今回初めて一緒に出ることになり、「演奏を通して苫小牧のPRもできれば」と話す。

 津軽すこっぷ三味線苫小牧は2016年に発足。現在、会員は7人で、地域のイベントに参加するなど精力的に活動している。

 今大会には、市内から「苫小牧スコッパーズ」も出場する。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...