北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

12月3日に津軽すこっぷ三味線世界大会 苫小牧の出場者、練習

練習に熱が入る会員とかんばやしさん(左)

 津軽すこっぷ三味線苫小牧(西村美代子会長)の会員5人と、苫小牧市の観光大使でシンガーソングライターのかんばやしまなぶさんが12月3日、青森県五所川原市で開かれる「第11回津軽すこっぷ三味線世界大会」(実行委員会主催)に出場する。同団体としては昨年に続き2回目の世界大会出場となり、本番に向けた練習に熱が入っている。

 和気あいあいとした雰囲気の中、曲が流れると、そのリズムに合わせて軽快にスコップを栓抜きでたたく。「カンカン」と、迫力ある音が店内に響き渡る。

 市内ときわ町のスナックサクセスでは、かんばやしさんと交流がある店主の鷹松弘子さんが「何か役に立ちたい」と店内を全体練習の場所として開放している。

 大会はエントリー(公募)制。団体の部で、細川たかしさんの「浪花節だよ人生は」を披露する。個人の部にも西村会長、同会員の有田勝彦さん、かんばやしさんが出場予定。今大会は日本人のみの参加で、全国から団体の部に11団体、個人の部には30人がエントリーしている。

 前大会では団体8位。西村会長は「団体、個人ともに昨年以上の成績を目指ししつ、演奏を楽しみたい」と意気込む。かんばやしさんは、今年2月のライブで同会と共演。会員たちの熱気あふれる演奏に感銘を受け、今回初めて一緒に出ることになり、「演奏を通して苫小牧のPRもできれば」と話す。

 津軽すこっぷ三味線苫小牧は2016年に発足。現在、会員は7人で、地域のイベントに参加するなど精力的に活動している。

 今大会には、市内から「苫小牧スコッパーズ」も出場する。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...