北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

12月3日に津軽すこっぷ三味線世界大会 苫小牧の出場者、練習

練習に熱が入る会員とかんばやしさん(左)

 津軽すこっぷ三味線苫小牧(西村美代子会長)の会員5人と、苫小牧市の観光大使でシンガーソングライターのかんばやしまなぶさんが12月3日、青森県五所川原市で開かれる「第11回津軽すこっぷ三味線世界大会」(実行委員会主催)に出場する。同団体としては昨年に続き2回目の世界大会出場となり、本番に向けた練習に熱が入っている。

 和気あいあいとした雰囲気の中、曲が流れると、そのリズムに合わせて軽快にスコップを栓抜きでたたく。「カンカン」と、迫力ある音が店内に響き渡る。

 市内ときわ町のスナックサクセスでは、かんばやしさんと交流がある店主の鷹松弘子さんが「何か役に立ちたい」と店内を全体練習の場所として開放している。

 大会はエントリー(公募)制。団体の部で、細川たかしさんの「浪花節だよ人生は」を披露する。個人の部にも西村会長、同会員の有田勝彦さん、かんばやしさんが出場予定。今大会は日本人のみの参加で、全国から団体の部に11団体、個人の部には30人がエントリーしている。

 前大会では団体8位。西村会長は「団体、個人ともに昨年以上の成績を目指ししつ、演奏を楽しみたい」と意気込む。かんばやしさんは、今年2月のライブで同会と共演。会員たちの熱気あふれる演奏に感銘を受け、今回初めて一緒に出ることになり、「演奏を通して苫小牧のPRもできれば」と話す。

 津軽すこっぷ三味線苫小牧は2016年に発足。現在、会員は7人で、地域のイベントに参加するなど精力的に活動している。

 今大会には、市内から「苫小牧スコッパーズ」も出場する。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...