北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ヘルプマークとカード、釧路市でも配布開始

釧路市で配布を始めたヘルプマーク(右)とヘルプカード

 外見からは配慮や援助を必要としていることがわからない人の意思表示を支援するアイテムの「ヘルプマーク」と「ヘルプカード」について、釧路市は27日から市役所などで配布を始めた。釧路町や根室市など釧路、根室管内ですでに始まっている自治体もあり今後も増える見込み。聴覚ほか体の内部に障害がある人、義足の使用者のほか、妊娠初期の女性などが対象。市では必要な人はもとより、支援する市民側にもマークやカードの存在について広く周知し理解を求める考えだ。

 このヘルプマークは、2020年の東京パラリンピックを見据え、東京都がデザインして配布を始めたものが全国で活用されるようになってきたもの。北海道、青森県、京都府、岡山県、福岡県などで導入され、今年7月にはJIS規格の承認も受けるなど、今後さらに広がっていく可能性がある。

 聴覚障害者のほか、人工透析を受けていたり、人工肛門や人工関節、義足の使用者、難病や妊娠初期の人など、見た目ではハンディの有無がわからない人が、配慮や支援が必要なことを知らせることで、援助を受けやすくするアイテムとして使用してもらう。

 マークはシリコン製で、バッグなどに装着するできるタイプ。名前などを記入できるシールと説明書が付いたセットになっている。ヘルプカードは、伝えにくい人やマークを着けたくない人などが、事故や災害などの際に示すことでバックアップを受けることができるもの。免許証サイズなので財布などに入れることができる。

 市によるマーク配布場所は、市役所の障がい福祉課や介護高齢課、健康推進課(いずれも防災庁舎内)のほか、阿寒・音別町行政センターの保健福祉課。簡単な申込書に必要事項を書き込むことが必要だが、手帳などの掲示は不要。カードは市のウェブサイトからもダウンロードできるようになっているが、窓口でも交付可能。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...