北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ヘルプマークとカード、釧路市でも配布開始

釧路市で配布を始めたヘルプマーク(右)とヘルプカード

 外見からは配慮や援助を必要としていることがわからない人の意思表示を支援するアイテムの「ヘルプマーク」と「ヘルプカード」について、釧路市は27日から市役所などで配布を始めた。釧路町や根室市など釧路、根室管内ですでに始まっている自治体もあり今後も増える見込み。聴覚ほか体の内部に障害がある人、義足の使用者のほか、妊娠初期の女性などが対象。市では必要な人はもとより、支援する市民側にもマークやカードの存在について広く周知し理解を求める考えだ。

 このヘルプマークは、2020年の東京パラリンピックを見据え、東京都がデザインして配布を始めたものが全国で活用されるようになってきたもの。北海道、青森県、京都府、岡山県、福岡県などで導入され、今年7月にはJIS規格の承認も受けるなど、今後さらに広がっていく可能性がある。

 聴覚障害者のほか、人工透析を受けていたり、人工肛門や人工関節、義足の使用者、難病や妊娠初期の人など、見た目ではハンディの有無がわからない人が、配慮や支援が必要なことを知らせることで、援助を受けやすくするアイテムとして使用してもらう。

 マークはシリコン製で、バッグなどに装着するできるタイプ。名前などを記入できるシールと説明書が付いたセットになっている。ヘルプカードは、伝えにくい人やマークを着けたくない人などが、事故や災害などの際に示すことでバックアップを受けることができるもの。免許証サイズなので財布などに入れることができる。

 市によるマーク配布場所は、市役所の障がい福祉課や介護高齢課、健康推進課(いずれも防災庁舎内)のほか、阿寒・音別町行政センターの保健福祉課。簡単な申込書に必要事項を書き込むことが必要だが、手帳などの掲示は不要。カードは市のウェブサイトからもダウンロードできるようになっているが、窓口でも交付可能。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...