北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

両町結ぶ周遊バス12月1日から運行【洞爺湖、壮瞥】

洞爺湖温泉街と昭和新山などを結ぶ周遊バスのパンフレットと新発売する乗車券「I―PASS」(大人用の見本)

 洞爺湖温泉と昭和新山(壮瞥町)、サイロ展望台(洞爺湖町)を結ぶ有料の周遊バスが、あす12月1日から今季の運行を始める。個人旅行者の利便性向上と、増加する訪日客の交通手段を確保しようと昨季、運行期間を2カ月間に拡大したところ好評で、今季は開始時期を1カ月前倒し、展望台―新山間が乗り放題となるフリー乗車券を新たに発売するなど利便性を高めた。

 バスは洞爺湖、壮瞥両町と両町の観光協会でつくる洞爺湖周辺冬季観光対策協議会が企画。冬季運休となる路線バスの代替として2016年(平成28年)2月、中華圏の旧正月・春節後の1週間限定で運行したのが始まり。

 昨季は期間を2カ月間に延長。今年1~3月に、目標を約千人上回る延べ5917人が利用した。洞爺湖温泉とJR洞爺駅を結ぶ路線バスにも使える、2日間乗り放題のフリー乗車券「Tパス」も発売し、訪日客を中心に利用者には好評だったが、周知不足もあって発売数は438枚にとどまった。

 今季はTパスに加えて、昭和新山―温泉―展望台間に区間を限定したフリー乗車券「Iパス」(乗り放題、当日のみ有効)を新たに発売し、多言語対応のパンフレットを配ったり、ポスターを張り出し周知に力を入れる。バスの運行ダイヤは乗り継ぎしやすいよう一部を見直し、利用が少ない3月の運行は取りやめ、運行時期を1カ月早めた。

 洞爺湖町観光振興課によると2016年度(平成28年度)の宿泊客数69万8千人のうち訪日客は4割強を占めた。上半期も対前年比で増加傾向にある。同課では「バスは多くの訪日客に喜ばれている。フリーパスの存在を広く知ってもらい、バスのさらなる利用につなげたい」と話している。

 パスはTパス(大人1500円、12歳以下800円)、Iパス(1100円、600円)の2種類。洞爺湖温泉バスターミナル内の観光協会と洞爺駅、温泉街の一部のホテルで購入できる。パスを指定された土産店などで示すと割引などの特典が受けられる。

 問い合わせは洞爺湖町観光振興課、電話0142・75局4400番。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス