北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

両町結ぶ周遊バス12月1日から運行【洞爺湖、壮瞥】

洞爺湖温泉街と昭和新山などを結ぶ周遊バスのパンフレットと新発売する乗車券「I―PASS」(大人用の見本)

 洞爺湖温泉と昭和新山(壮瞥町)、サイロ展望台(洞爺湖町)を結ぶ有料の周遊バスが、あす12月1日から今季の運行を始める。個人旅行者の利便性向上と、増加する訪日客の交通手段を確保しようと昨季、運行期間を2カ月間に拡大したところ好評で、今季は開始時期を1カ月前倒し、展望台―新山間が乗り放題となるフリー乗車券を新たに発売するなど利便性を高めた。

 バスは洞爺湖、壮瞥両町と両町の観光協会でつくる洞爺湖周辺冬季観光対策協議会が企画。冬季運休となる路線バスの代替として2016年(平成28年)2月、中華圏の旧正月・春節後の1週間限定で運行したのが始まり。

 昨季は期間を2カ月間に延長。今年1~3月に、目標を約千人上回る延べ5917人が利用した。洞爺湖温泉とJR洞爺駅を結ぶ路線バスにも使える、2日間乗り放題のフリー乗車券「Tパス」も発売し、訪日客を中心に利用者には好評だったが、周知不足もあって発売数は438枚にとどまった。

 今季はTパスに加えて、昭和新山―温泉―展望台間に区間を限定したフリー乗車券「Iパス」(乗り放題、当日のみ有効)を新たに発売し、多言語対応のパンフレットを配ったり、ポスターを張り出し周知に力を入れる。バスの運行ダイヤは乗り継ぎしやすいよう一部を見直し、利用が少ない3月の運行は取りやめ、運行時期を1カ月早めた。

 洞爺湖町観光振興課によると2016年度(平成28年度)の宿泊客数69万8千人のうち訪日客は4割強を占めた。上半期も対前年比で増加傾向にある。同課では「バスは多くの訪日客に喜ばれている。フリーパスの存在を広く知ってもらい、バスのさらなる利用につなげたい」と話している。

 パスはTパス(大人1500円、12歳以下800円)、Iパス(1100円、600円)の2種類。洞爺湖温泉バスターミナル内の観光協会と洞爺駅、温泉街の一部のホテルで購入できる。パスを指定された土産店などで示すと割引などの特典が受けられる。

 問い合わせは洞爺湖町観光振興課、電話0142・75局4400番。

関連記事

根室新聞

最後の西高祭「この思い出忘れない!」【根室】

 根室西高等学校(鈴木強児校長)は21日、第49回西高祭を開いた。多くの市民が来場し、展示物や模擬店、クラス発表などを楽しんだほか、後夜祭では生徒らがバーベキューや花火で思い出を心に刻んだ。  ...

根室新聞

観光音声ガイドサービス 3言語で提供開始【根室】

 市観光協会(小林茂会長)は、日本語、英語、中国語の3言語に対応した観光音声ガイドサービスの提供を開始した。手持ちのスマートフォンやタブレット端末で利用できるもので、近日中に端末を持たないで根室...

苫小牧民報

政府専用機2機、最後の共演 ブルーインパルス華麗に飛行-千歳基地航空祭

 航空自衛隊千歳基地は22日、千歳の空を彩る一大イベント「航空祭」を開いた。今年度で退役する現在の政府専用機、B747―400型機を初めて2機並べ、来場者から大人気。ブルーインパルスも2年ぶりに、...

日高報知新聞

新冠牧場職員ら寄付【新冠】

【新ひだか】静内御園の独立行政法人家畜改良センター新冠牧場(仲西孝敏場長)は19日、NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)に、静内真歌公園に建立する新しいシャクシャイン像の建設費用として職員有志...

日高報知新聞

地元食材のふるさと給食【新冠】

【新冠】新冠小(坂本直司校長、児童243人)で19日、給食費が無償化されてから初めて新冠産の食材や加工品を使った「ふるさと給食」が提供された。  町内の3小中学校は自校式給食。地元の食材による給食...