北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

両町結ぶ周遊バス12月1日から運行【洞爺湖、壮瞥】

洞爺湖温泉街と昭和新山などを結ぶ周遊バスのパンフレットと新発売する乗車券「I―PASS」(大人用の見本)

 洞爺湖温泉と昭和新山(壮瞥町)、サイロ展望台(洞爺湖町)を結ぶ有料の周遊バスが、あす12月1日から今季の運行を始める。個人旅行者の利便性向上と、増加する訪日客の交通手段を確保しようと昨季、運行期間を2カ月間に拡大したところ好評で、今季は開始時期を1カ月前倒し、展望台―新山間が乗り放題となるフリー乗車券を新たに発売するなど利便性を高めた。

 バスは洞爺湖、壮瞥両町と両町の観光協会でつくる洞爺湖周辺冬季観光対策協議会が企画。冬季運休となる路線バスの代替として2016年(平成28年)2月、中華圏の旧正月・春節後の1週間限定で運行したのが始まり。

 昨季は期間を2カ月間に延長。今年1~3月に、目標を約千人上回る延べ5917人が利用した。洞爺湖温泉とJR洞爺駅を結ぶ路線バスにも使える、2日間乗り放題のフリー乗車券「Tパス」も発売し、訪日客を中心に利用者には好評だったが、周知不足もあって発売数は438枚にとどまった。

 今季はTパスに加えて、昭和新山―温泉―展望台間に区間を限定したフリー乗車券「Iパス」(乗り放題、当日のみ有効)を新たに発売し、多言語対応のパンフレットを配ったり、ポスターを張り出し周知に力を入れる。バスの運行ダイヤは乗り継ぎしやすいよう一部を見直し、利用が少ない3月の運行は取りやめ、運行時期を1カ月早めた。

 洞爺湖町観光振興課によると2016年度(平成28年度)の宿泊客数69万8千人のうち訪日客は4割強を占めた。上半期も対前年比で増加傾向にある。同課では「バスは多くの訪日客に喜ばれている。フリーパスの存在を広く知ってもらい、バスのさらなる利用につなげたい」と話している。

 パスはTパス(大人1500円、12歳以下800円)、Iパス(1100円、600円)の2種類。洞爺湖温泉バスターミナル内の観光協会と洞爺駅、温泉街の一部のホテルで購入できる。パスを指定された土産店などで示すと割引などの特典が受けられる。

 問い合わせは洞爺湖町観光振興課、電話0142・75局4400番。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...