北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

両町結ぶ周遊バス12月1日から運行【洞爺湖、壮瞥】

洞爺湖温泉街と昭和新山などを結ぶ周遊バスのパンフレットと新発売する乗車券「I―PASS」(大人用の見本)

 洞爺湖温泉と昭和新山(壮瞥町)、サイロ展望台(洞爺湖町)を結ぶ有料の周遊バスが、あす12月1日から今季の運行を始める。個人旅行者の利便性向上と、増加する訪日客の交通手段を確保しようと昨季、運行期間を2カ月間に拡大したところ好評で、今季は開始時期を1カ月前倒し、展望台―新山間が乗り放題となるフリー乗車券を新たに発売するなど利便性を高めた。

 バスは洞爺湖、壮瞥両町と両町の観光協会でつくる洞爺湖周辺冬季観光対策協議会が企画。冬季運休となる路線バスの代替として2016年(平成28年)2月、中華圏の旧正月・春節後の1週間限定で運行したのが始まり。

 昨季は期間を2カ月間に延長。今年1~3月に、目標を約千人上回る延べ5917人が利用した。洞爺湖温泉とJR洞爺駅を結ぶ路線バスにも使える、2日間乗り放題のフリー乗車券「Tパス」も発売し、訪日客を中心に利用者には好評だったが、周知不足もあって発売数は438枚にとどまった。

 今季はTパスに加えて、昭和新山―温泉―展望台間に区間を限定したフリー乗車券「Iパス」(乗り放題、当日のみ有効)を新たに発売し、多言語対応のパンフレットを配ったり、ポスターを張り出し周知に力を入れる。バスの運行ダイヤは乗り継ぎしやすいよう一部を見直し、利用が少ない3月の運行は取りやめ、運行時期を1カ月早めた。

 洞爺湖町観光振興課によると2016年度(平成28年度)の宿泊客数69万8千人のうち訪日客は4割強を占めた。上半期も対前年比で増加傾向にある。同課では「バスは多くの訪日客に喜ばれている。フリーパスの存在を広く知ってもらい、バスのさらなる利用につなげたい」と話している。

 パスはTパス(大人1500円、12歳以下800円)、Iパス(1100円、600円)の2種類。洞爺湖温泉バスターミナル内の観光協会と洞爺駅、温泉街の一部のホテルで購入できる。パスを指定された土産店などで示すと割引などの特典が受けられる。

 問い合わせは洞爺湖町観光振興課、電話0142・75局4400番。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...