北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

鈴木秀明さん 画家の出発点 市に作品贈る【根室】

寄贈作品の一つ「地A」を囲む(右から)石垣副市長、長谷川市長、鈴木さん、久仁子さん

 根室で40年ぶりに個展を開いた元成央小教諭で画家の鈴木秀明さん(69)=函館市=は27日、絵画の才能を開花させた根室市へ感謝を込めて作品4点を寄贈した。

 鈴木さんは「根室をイメージして描いた。市民の皆さんに見ていただけたら」と話している。寄贈したのは、根室の流氷とコンブ拾いの女性を題材にした「地A」(30号)と、春国岱とエゾシカをイメージした「山葡萄」(50号)、「春を呼ぶ女」(同)、「丘」(同)の4作品。このうち「地A」について鈴木さんは「温暖な函館から根室に来て、流氷を見たときに衝撃を覚えた」と説明し、着想を得た地域にあるのがふさわしいと寄贈を決めた。

 鈴木さんは元教員で、道教育大学函館分校を卒業後、初任地の成央小に勤務。専門外の美術を任され、児童に絵を教えようと初めて油彩を学んだが、全道・全国の公募展で入選する才能を開花させた。根室美術協会の創設者で、現在は新北海道美術協会展の審査部長を務める。

 今回の来根は、画歴45周年を記念した個展「鈴木秀明絵画展」を開くため。転勤前に開いて以来40年ぶりの個展となった。23から27日まで市総合文化会館で33点を展示したが、当時の教え子や保護者も多く駆け付け、「懐かしい人に会えて感無量」(鈴木さん)と旧交を温めていた。

 寄贈式には長谷川俊輔根室市長と石垣雅敏副市長が立会い、長谷川市長は「市の教育をしながら独学で絵の道に進んだ。素晴らしい絵画を市民に紹介し、末永く大切にしたい」と感謝した。この日は妻の久仁子さん(75)も同席し、鈴木さんは「最後の個展を根室で飾り、絵を贈ることができてうれしい」と感慨深く話し、喜びもひとしおだった。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...