北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

鈴木秀明さん 画家の出発点 市に作品贈る【根室】

寄贈作品の一つ「地A」を囲む(右から)石垣副市長、長谷川市長、鈴木さん、久仁子さん

 根室で40年ぶりに個展を開いた元成央小教諭で画家の鈴木秀明さん(69)=函館市=は27日、絵画の才能を開花させた根室市へ感謝を込めて作品4点を寄贈した。

 鈴木さんは「根室をイメージして描いた。市民の皆さんに見ていただけたら」と話している。寄贈したのは、根室の流氷とコンブ拾いの女性を題材にした「地A」(30号)と、春国岱とエゾシカをイメージした「山葡萄」(50号)、「春を呼ぶ女」(同)、「丘」(同)の4作品。このうち「地A」について鈴木さんは「温暖な函館から根室に来て、流氷を見たときに衝撃を覚えた」と説明し、着想を得た地域にあるのがふさわしいと寄贈を決めた。

 鈴木さんは元教員で、道教育大学函館分校を卒業後、初任地の成央小に勤務。専門外の美術を任され、児童に絵を教えようと初めて油彩を学んだが、全道・全国の公募展で入選する才能を開花させた。根室美術協会の創設者で、現在は新北海道美術協会展の審査部長を務める。

 今回の来根は、画歴45周年を記念した個展「鈴木秀明絵画展」を開くため。転勤前に開いて以来40年ぶりの個展となった。23から27日まで市総合文化会館で33点を展示したが、当時の教え子や保護者も多く駆け付け、「懐かしい人に会えて感無量」(鈴木さん)と旧交を温めていた。

 寄贈式には長谷川俊輔根室市長と石垣雅敏副市長が立会い、長谷川市長は「市の教育をしながら独学で絵の道に進んだ。素晴らしい絵画を市民に紹介し、末永く大切にしたい」と感謝した。この日は妻の久仁子さん(75)も同席し、鈴木さんは「最後の個展を根室で飾り、絵を贈ることができてうれしい」と感慨深く話し、喜びもひとしおだった。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...