北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

鈴木秀明さん 画家の出発点 市に作品贈る【根室】

寄贈作品の一つ「地A」を囲む(右から)石垣副市長、長谷川市長、鈴木さん、久仁子さん

 根室で40年ぶりに個展を開いた元成央小教諭で画家の鈴木秀明さん(69)=函館市=は27日、絵画の才能を開花させた根室市へ感謝を込めて作品4点を寄贈した。

 鈴木さんは「根室をイメージして描いた。市民の皆さんに見ていただけたら」と話している。寄贈したのは、根室の流氷とコンブ拾いの女性を題材にした「地A」(30号)と、春国岱とエゾシカをイメージした「山葡萄」(50号)、「春を呼ぶ女」(同)、「丘」(同)の4作品。このうち「地A」について鈴木さんは「温暖な函館から根室に来て、流氷を見たときに衝撃を覚えた」と説明し、着想を得た地域にあるのがふさわしいと寄贈を決めた。

 鈴木さんは元教員で、道教育大学函館分校を卒業後、初任地の成央小に勤務。専門外の美術を任され、児童に絵を教えようと初めて油彩を学んだが、全道・全国の公募展で入選する才能を開花させた。根室美術協会の創設者で、現在は新北海道美術協会展の審査部長を務める。

 今回の来根は、画歴45周年を記念した個展「鈴木秀明絵画展」を開くため。転勤前に開いて以来40年ぶりの個展となった。23から27日まで市総合文化会館で33点を展示したが、当時の教え子や保護者も多く駆け付け、「懐かしい人に会えて感無量」(鈴木さん)と旧交を温めていた。

 寄贈式には長谷川俊輔根室市長と石垣雅敏副市長が立会い、長谷川市長は「市の教育をしながら独学で絵の道に進んだ。素晴らしい絵画を市民に紹介し、末永く大切にしたい」と感謝した。この日は妻の久仁子さん(75)も同席し、鈴木さんは「最後の個展を根室で飾り、絵を贈ることができてうれしい」と感慨深く話し、喜びもひとしおだった。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...