北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市民交通傷害共済 過半数割れ現実味【根室】

共済加入率の過半数割れが報告された市民交通傷害共済運営委員会

 根室市市民交通傷害共済運営委員会(岡野将光委員長)が27日、市役所で開かれた。高い加入率を誇ってきた同市の共済事業だが、10月末現在で49.34パーセントと前年同期比一・二八ポイント下回り、年度末での過半数割れが現実味を帯びてきた。また、今年度導入した高齢者運転免許証自主返納支援事業では、当初予算で見積もった30人を大きく上回る45人がハイヤー乗車券の交付を受け、一定の効果があったことが報告された。

 29年度の加入状況(10月末現在)は、人口2万6,465人に対し、加入者は1万3,057人で、会費収入は693万2,900円、前年同期比26万1,500円減となった。加入率は49.34パーセントで、同1.28ポイント下回り、過半数割れとなった。自治体が行う交通傷害共済事業は、損害保険の充実から、民間に移行する自治体が増えている。根室市の場合、町会や学校など地域ぐるみの取り組みで高い加入率を誇ってきたが、ここ5年間で加入率は3ポイントほど低下。加入促進のため、支給額の見直しや交通安全事業の充実などに取り組んでいるが、ついに過半数割れが現実のものとなってきた。

 見舞金の支給状況は、29年度(4月―10月)は死亡交通事故の発生がなく、人身にかかわる事故も少なかったものの、全治2カ月以上と診断された人が4人と多かったことから支給額は87万円で、同8万円増となった。なお、年間の支給額は250万円から380万円の間で推移してきたが、28年度は170万円と官民挙げた交通事故撲滅の効果が表れていた。

 同特別会計の基金を活用した29年度の交通安全対策事業では、高齢者運転免許証自主返納支援事業としてハイヤー乗車券の交付と運転経歴証明書交付手数料助成を新たに実施。同事業は75歳以上の高齢ドライバーを対象に、自主返納した場合、ハイヤーの基本料金分20枚つづりのハイヤー券(1万1,000円相当)を交付するもの。交付に当たって必要な運転経歴証明書の交付手続き料相当額1,000円も助成する。

 中間報告によると、自主返納によるハイヤー乗車券交付は、30人を想定し予算化していたが、それを大きく上回る45人が10月末までに自主返納し、交付を受けている。なお、運転経歴証明書交付手数料助成では27件の助成があった。

 このほか、継続事業のチャイルドシート購入助成は36件、29万7,573円、自転車用ヘルメットの無償貸与は継続されており、交通安全旗用のポールなど希望町会に配布する町会への助成は実績がなかった。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...