北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市民交通傷害共済 過半数割れ現実味【根室】

共済加入率の過半数割れが報告された市民交通傷害共済運営委員会

 根室市市民交通傷害共済運営委員会(岡野将光委員長)が27日、市役所で開かれた。高い加入率を誇ってきた同市の共済事業だが、10月末現在で49.34パーセントと前年同期比一・二八ポイント下回り、年度末での過半数割れが現実味を帯びてきた。また、今年度導入した高齢者運転免許証自主返納支援事業では、当初予算で見積もった30人を大きく上回る45人がハイヤー乗車券の交付を受け、一定の効果があったことが報告された。

 29年度の加入状況(10月末現在)は、人口2万6,465人に対し、加入者は1万3,057人で、会費収入は693万2,900円、前年同期比26万1,500円減となった。加入率は49.34パーセントで、同1.28ポイント下回り、過半数割れとなった。自治体が行う交通傷害共済事業は、損害保険の充実から、民間に移行する自治体が増えている。根室市の場合、町会や学校など地域ぐるみの取り組みで高い加入率を誇ってきたが、ここ5年間で加入率は3ポイントほど低下。加入促進のため、支給額の見直しや交通安全事業の充実などに取り組んでいるが、ついに過半数割れが現実のものとなってきた。

 見舞金の支給状況は、29年度(4月―10月)は死亡交通事故の発生がなく、人身にかかわる事故も少なかったものの、全治2カ月以上と診断された人が4人と多かったことから支給額は87万円で、同8万円増となった。なお、年間の支給額は250万円から380万円の間で推移してきたが、28年度は170万円と官民挙げた交通事故撲滅の効果が表れていた。

 同特別会計の基金を活用した29年度の交通安全対策事業では、高齢者運転免許証自主返納支援事業としてハイヤー乗車券の交付と運転経歴証明書交付手数料助成を新たに実施。同事業は75歳以上の高齢ドライバーを対象に、自主返納した場合、ハイヤーの基本料金分20枚つづりのハイヤー券(1万1,000円相当)を交付するもの。交付に当たって必要な運転経歴証明書の交付手続き料相当額1,000円も助成する。

 中間報告によると、自主返納によるハイヤー乗車券交付は、30人を想定し予算化していたが、それを大きく上回る45人が10月末までに自主返納し、交付を受けている。なお、運転経歴証明書交付手数料助成では27件の助成があった。

 このほか、継続事業のチャイルドシート購入助成は36件、29万7,573円、自転車用ヘルメットの無償貸与は継続されており、交通安全旗用のポールなど希望町会に配布する町会への助成は実績がなかった。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...