北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

26日の本番へ向け練習に励む子どもたち

 聖龍太鼓・聖龍一門会(坂井猛志総帥)のチャリティー太鼓演奏会「龍響祭」が今年も伊達市総合文化祭のトリを取る。テーマは坂井総帥の師匠である「北海太鼓創立者・故大場一刀の打法を次世代へ…」。メンバーは力強く激しいバチさばきを披露する。26日午後1時から、だて歴史の杜カルチャーセンターで開演する。

 龍響祭は2000年有珠山噴火の時、自らも避難生活を送った坂井総帥が、被災者を元気付けよう│と始めたのがきっかけで今回で17回目となる。毎年、市に「文化振興のために」と益金を贈っている。

 1966年(昭和41年)に登別の大場一刀氏に弟子入りし腕を磨き、基礎をたたき込まれた坂井総帥。「一刀打法は多彩なバチさばきで、体で打ち込むのが特徴」という。今回は小学1年生から80代のメンバー約70人が一刀氏のオリジナル曲などを発表する。

 オープニングでは酒井來夢さん(東小6年)が3尺5寸(直径1・5メートル)重さ400キロの大太鼓でソロ打ちに挑戦。さらに三浦真琴さん(同)が並べた桶胴太鼓を使い、一刀氏の代表曲「北海暴れ打ち」を披露する。酒井さんは「緊張するけど力を精いっぱい出したい」、三浦さんは「流れるように滑らかに表現できれば」と練習に熱を入れる。

 本番に向け、梅本町の坂井会館からは熱のこもった力強い音が響く。坂井総帥は「太鼓を通じ子どもたちには人前で表現する楽しさを知ってほしい。迫力の一刀打法を見に来てください」と呼び掛けている。

 当日は午後0時半開場。チケットは千円(中学生以下無料)。詳しくは坂井総帥、携帯電話090・9753・5842へ。

関連記事

室蘭民報

マリンパークの銀河水槽が冬バージョンに【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)にある1万匹のイワシがパフォーマンスする銀河水槽が、冬バージョンに衣替え。青や白を中心とした寒色系のライティングで美しい光景を演出している。  銀河...

室蘭民報

スリーエイ誕生10年…発祥の地で全道大会【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会(金浜元一会長)が主催する第1回スリーエイ北海道大会が10日、室蘭市旭ヶ丘小学校体育館で行われた。競技誕生10年を記念して行われた第1回大会は「カサブランカ」が優勝した。 ...

室蘭民報

マリンパークの水槽がXマス、サンタエビを展示【登別】

 季節に応じた展示が話題の登別マリンパークニクス(登別東町)の企画水槽。一年を締めくくる今月はサンタクロースの衣装に似たサンタエビを飾っている。水槽内にはツリーや雪だるま、トナカイが並び、クリス...

室蘭民報

どれも「おいしそう」―宮古物産展が好評【室蘭】

 来年6月22日の宮蘭フェリーの就航まで200日となった4日、室蘭と結ばれる岩手県宮古市の物産展が、室蘭市中島町の中島商店会コンソーシアム「ふれあいサロンほっとな~る」で始まり、にぎわいを見せて...

室蘭民報

宮古名物ド~ンと、4、5日に200日イベント【室蘭】

 宮蘭フェリー就航まで残り200日となる12月4日と翌5日、室蘭の「宮古市との交流実行委員会」は中島町のふれあいサロンほっとな~るで、宮古市の観光物産展を開催し、節目を盛り上げる。名物の「田老産...