北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

石焼くらぶの室蘭やきとりがふるさと小包で全国へ【室蘭】

ふるさと小包をPRする石焼くらぶの西村さん

 室蘭市中島町の元祖石焼食堂「石焼くらぶ」の室蘭やきとりが、郵便局のふるさと小包の新商品としてラインアップされた。白老以西の西胆振87局で取り扱っている。店主の西村邦夫さん(43)は「室蘭名物を全国に届けたい」と話している。

 石焼くらぶは、ビビンバやチゲ鍋、ビーフシチューなど石焼き鍋を使った各種料理を提供する食堂で、JR東室蘭駅西口に立地、開店7年になる。合わせて提供している焼き鳥も人気メニューだ。

 室蘭の高校を卒業後、札幌の専門学校でホテルマン修行。卒業後は占冠村や室蘭市内のホテル勤務を経て飲食の世界に入り、老舗焼き鳥店、鳥辰中島店にも5年間勤務した経験がある。

 人口が減少する中、積極的に全国に売り込もう―とふるさと小包活用を決めた。大ぶりな外国産肩ロースを備長炭で焼き上げており、5本で550グラムの重量感。継ぎ足して作るたれは深みある味わい。

 料金は10本2980円、20本4400円、30本6千円(送料、税込み)。西村さんは「せっかくの日本三大焼き鳥。肉厚ジューシーな味を、多くの人に楽しんでもらえれば」と笑顔を見せている。

 詳細、問い合わせは同店、0143・45局5822番へ。

関連記事

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...

室蘭民報

室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」がきょう7日から正式販売される。同大で開発したジンギスカン鍋をモチーフにした。「鐵(てつ)の素クッキー」に続...

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブ...