北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛町まちづくりセミナー2017 文化資産の活用法探る

パネルディスカッションなどを通して町内の歴史的文化資産の活用方法を探った増毛町まちづくりセミナー2017

増毛町主催の「増毛町まちづくりセミナー2017 歴史文化資産を活かしたまちづくりを考える」が、16日午後1時から町文化センター大ホールで開かれ、町民ら約70人の参加者が講話やパネルディスカッションを通して町内の歴史的文化資産のより良い活用方法を探った。

 セミナーでは、北海道大学名誉教授でNPO法人歴史的地域資産研究機構の角幸博代表理事、札幌国際大学観光学部国際観光学科教授でNPO法人炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団の吉岡宏高理事長の2人が講演。

 「増毛町の歴史的建造物などの価値・魅力」と題して講演した角代表理事は「昔は駅の周辺には駅前旅館がたくさんあったが、今はほとんどない。木造3階建築で、ちょうちんや番傘なども残る旧旅館富田屋は、当時の姿に復元することでマチづくりの強力なツールの一つになる」、「産業の歴史を活かしたまちづくり」がテーマの吉岡理事長は「歴史的建造物を多くの人に見てもらうためにはとっかかりが必要で駅舎改修はチャンス。また、入り口を広げるために食や芸術といった要素を取り入れるのも大切」とそれぞれ述べた。

 パネルディスカッションは、国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所の地域景観ユニット統括主任研究員松田泰明さんがコーディネーター、角代表理事、吉岡理事長、堀雅志町長、町観光協会の林眞二会長、観光ボランティアの織田達史さんの5人がパネリストを務めて行われた。

 織田さんは「ニシン漁に関する体験コーナーを設けてほしい」といった観光客の声を紹介し、堀町長が「ニシン漁の文化を大切にしたマチづくりをしたい」と述べた。そのほか、角代表理事は観光ボランティアの後継者不足について小中学生などの若い力を借りることを提案し、吉岡理事長が「旧増毛小学校は木造校舎で育った世代にとってのタイムカプセルのような存在。もっとPRすべき」と話すなど、積極的に意見を交換していた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...