北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売。12月20日まで取り扱っている

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブランド品に限定した4セットを用意。故郷・登別への思いを込めて利用してもらう仕掛けだ。

 推奨品は、登別ブランド推進協議会が2009年度(平成21年度)に始めた認定制度。地元名物を普及させようと、同ブランドの会がギフト展開してPRを続けている。今年は「ふるさと登別」がテーマとなっている。

 「登別贅沢(ぜいたく)ギフト」(税込み6900円)は、らんぼっけのたらこやわさび漬、北海大だこ地獄漬などを組み合わせた。「至高の逸品ギフト」(同5100円)は登別美乃素物語やのぼりべつエゾシカ大和煮など。「ヌプルッペッギフト」(同3200円)は登別チーズニュービアンカ、文志郎の鹿角納豆、登別閻魔(えんま)らーめんなど海の幸・山の幸を網羅。「登別スイーツギフト」(同3300円)は極上シフォンケーキやのぼりべつ牛乳プリンなど甘党必見の名物を組み合わせた。

 希望者はセイコーマートなりた店(登別東町)、やきとり一平登別店(同)、マルフク武澤水産(富浦町)、藤崎わさび園(登別温泉町)、道南平塚食品(幌別町)、ドリームベーカリーアーニス店(中央町)、かめや本店(鷲別町)へ代金を添えて申し込むこと。送料は道内800円、道外1100円。

 昨年は九州、本州、東北への贈り物として活用された。かめや社長の亀谷和人さんは「登別ならではの名物として、遠方の人にも喜ばれていますよ」とアピールする。

 12月8日には登別ブランド推奨品の試食会を、アーニスで開催する。問い合わせは同協議会事務局の市観光経済部、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

室蘭民報

国道37号線沿い直売所に客誘う真っ赤なイチゴ【豊浦】

 豊浦町内を走る国道37号沿いで、今年も町名産のイチゴの直売所がオープンしている。つややかに真っ赤に熟した実が、甘い香りを漂わせている。観光客や札幌、函館方面に向かうドライバーが立ち寄りにぎわ...

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありなが...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...