北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

手切りで家庭の味、小春ちゃんの赤ダイコン千枚漬け【伊達】

ダイコンは包丁で一本ずつ手切りにして家庭の味を届けている

 今年も残すところ1カ月余り。漬物が何かと恋しい季節がやってきた。伊達市観光物産館には、伊達野菜を使った手作りの漬物がずらり。中でも目を引いているのは、赤色鮮やかなダイコンの千枚漬け。外皮だけではなく中の果肉も赤色をした「紅しぐれ」と「紅くるり」を使っている。

 ダイコンは包丁で手切りにして塩漬けに。塩抜きした後、酢、砂糖と塩を少々加え漬け込んでいる。酢に浸すことで赤色が鮮やかさを増すため顔料は未使用。防腐剤も使わず賞味期限は3週間だが、すぐに食べきってしまうおいしさという。

 製造しているのは「小春ちゃん」の愛称で「ごぼうのパリパリ漬け」などの人気商品を送り出している鈴木浩一さん、恵子さん夫妻。「手切りにこだわっています。機械でスライスしたものと比べて舌触りが違うと喜ばれています」。物産館だけの販売で150グラム入り税込み各300円。

 問い合わせは観光物産館電話0142・25局5567番。

関連記事

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...

室蘭民報

室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」がきょう7日から正式販売される。同大で開発したジンギスカン鍋をモチーフにした。「鐵(てつ)の素クッキー」に続...

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブ...