北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

手切りで家庭の味、小春ちゃんの赤ダイコン千枚漬け【伊達】

ダイコンは包丁で一本ずつ手切りにして家庭の味を届けている

 今年も残すところ1カ月余り。漬物が何かと恋しい季節がやってきた。伊達市観光物産館には、伊達野菜を使った手作りの漬物がずらり。中でも目を引いているのは、赤色鮮やかなダイコンの千枚漬け。外皮だけではなく中の果肉も赤色をした「紅しぐれ」と「紅くるり」を使っている。

 ダイコンは包丁で手切りにして塩漬けに。塩抜きした後、酢、砂糖と塩を少々加え漬け込んでいる。酢に浸すことで赤色が鮮やかさを増すため顔料は未使用。防腐剤も使わず賞味期限は3週間だが、すぐに食べきってしまうおいしさという。

 製造しているのは「小春ちゃん」の愛称で「ごぼうのパリパリ漬け」などの人気商品を送り出している鈴木浩一さん、恵子さん夫妻。「手切りにこだわっています。機械でスライスしたものと比べて舌触りが違うと喜ばれています」。物産館だけの販売で150グラム入り税込み各300円。

 問い合わせは観光物産館電話0142・25局5567番。

関連記事

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

室蘭民報

国道37号線沿い直売所に客誘う真っ赤なイチゴ【豊浦】

 豊浦町内を走る国道37号沿いで、今年も町名産のイチゴの直売所がオープンしている。つややかに真っ赤に熟した実が、甘い香りを漂わせている。観光客や札幌、函館方面に向かうドライバーが立ち寄りにぎわ...

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありなが...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...