北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

選手会が著作の「もりのやきゅうちーむふぁいたーず ほしのせかいへ」

 なよろ市立天文台「きたすばる」(村上恭彦台長)監修の絵本「もりのやきゅうちーむふぁいたーず ほしのせかいへ」が発売。著作は北海道日本ハムファイターズ選手会、絵は名寄市立大学社会保育学科の堀川真准教授が手掛けており、日ハムの選手が森の動物に扮(ふん)して登場しながら、星に関心を持ってもらえるようなストーリーを繰り広げている。

 日ハムでは、一人でも多くの人たちに読書を通して知識を深めながら、豊かな心を育んでもらおう―と平成26年から読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」を展開している。

 「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」は、日ハムの選手たちが森に暮らす動物のキャラクターに扮(ふん)して登場する絵本シリーズで、選手会が著作。今回の「ほしのせかいへ」が第3弾となる。ある夜、星を眺めていた「びーくん」に起きた不思議な出来事から繰り広げられるストーリーとともに、夜空を見るのが楽しみになるという夢いっぱいのファンタジー作品に仕上がっている。

 ストーリーが星に関係することから同天文台が監修に協力。絵は堀川准教授が描いており、同天文台を取材し、絵にその描写を反映させたり、巻末には北極星の探し方やアイヌの星の呼び方などを掲載。星の写真も同天文台で提供した。堀川准教授は「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」シリーズ第1弾と第2弾「つよさのひみつ」の絵も手掛けている。

 同天文台では「全国的にも名寄の天文台を知っていただける機会になるのでは―と考えており、多くの方に手に取ってもらえればと期待しています」と話している。絵本はA4版変型、32ページ。価格は1404円(税込み)。11日に発売され、道内主要書店をはじめ、日ハムのオフィシャルオンラインストア(https://shop.fighters.co.jp/shopping/)などで販売している

関連記事

室蘭民報

映画「モルエラニの霧の中」いよいよ最終ロケ【室蘭】

 室蘭を中心に西胆振を舞台にしたオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の最終ロケが、15日から2日間の日程で始まり、女優の大塚寧々さんや若手俳優の中島広稀さん、市民キャストの濱長...

室蘭民報

輪西ドッグ蘭で犬リンピック、飼い主も大ハッスル【室蘭】

 室蘭市みゆき町の「輪西ドッグ蘭」の開設1周年を記念したイベント「犬リンピック2018」(輪西ドッグクラブ主催)が14日、同所で開かれた。会員が愛犬とともに運動会を楽しみ、節目を祝った。  ...

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...