北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

共同開発製品 来年2月、学校給食に 黒部市にも提供【根室】

 第10回水産加工食品の研究開発に係る学校給食懇談会が11月27日午後、市総合文化会館で開かれた。来年2月下旬に根室市内の全小中学校に「昆布入りすり身フライ製品(チーズ入り)」、2月7日の北方領土の日に黒部市内小中学校に「昆布入りすり身フライ製品(ホタテ入り)」を学校給食に提供する計画が報告されたほか、提供予定製品の試食も行われた。

 市は東海大学海洋学部との共同研究により、地産地消活動の推進と水産加工業の振興を目的に、地域に水揚げされる水産物を活用した学校給食向けの新商品開発に取り組んでいる。これまで、根室市学校給食協会や、共同調理場栄養職員などの協力を得ながら、根室産サンマを原料とした製品などを根室市、姉妹都市黒部市の学校給食として提供している。

 開会に先立ち、園田達弥市水産加工振興センター所長が、平成23年から27年まで五回にわたり学校給食へサンマミンチフライ製品を提供していること、昨年度は新たに歯舞産昆布とマダラのさつま揚げ製品、マダラのすり身フライ製品を提供したことなどに触れ、「より良い物を給食食材として提供していければと思っている」とあいさつした。

 懇談会ではこれまでの取り組み概要、経過についてのほか、今年度の学校給食提供事業の実施予定について報告。根室市内の小中学校には2月下旬、黒部市内の小中学校には2月7日の北方領土の日に合わせて実施し、黒部には「昆布入りすり身フライ製品(ホタテ入り)」約3,800食、根室には「同(チーズ入り)」約2,200食を提供する予定。

 チーズ入りはスケトウダラのすり身に、具材として昆布とチーズを添加し、成型・蒸し加熱後にパン粉を付着させて凍結したもので、食べる際に凍結状態のままで油揚する。ホタテ入りはスケトウダラのすり身に具材として昆布、カット、調味加工したホタテを添加し、成型・蒸し加熱後にパン粉を付着させて凍結した製品。乳製品アレルギーを持つ児童でも食べられるものとなっている。

 また、提供予定の2品を試食した出席者からは「食感がちょっと固い」、「給食で出すならもう少し塩分を抑えたほうがいい」などの意見が挙がり、市水産加工振興センターは「サクッとした食感が出せるような工夫や、でんぷん、水の量の調整など、できるだけ意見を反映させるように改良を加えていきたい」と応じた。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...