北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

チャシ跡観光 過去最高に 今年度来訪者3,000人突破【根室】

今年も多くの観光客が根室半島チャシ跡群を来訪

 平成18年に公益財団法人日本城郭協会が指定した「日本百名城」に選ばれて以来、古城ファンの人気が高まっている根室半島チャシ跡群の今年度の来訪者が3,000人を突破した。根室市観光協会(小林茂会長)がまとめたもので、11月末現在で、来訪者は3,150人ですでに昨年度を1,000人近く上回っている。

 根室半島チャシ跡群は、根室半島を中心に市内に点在する24カ所のチャシ跡の総称で、昭和58年に国の史跡に指定されている。18年には日本城郭協会の「日本100名城」に指定され、各城にそれぞれスタンプを設置している。その一番目に記載されるのが根室半島のチャシ跡で、「100名城巡り」を楽しむ古城ファンの人気を呼んでいる。

 当初はマニアックなファンが多く、観光協会窓口での把握で平成19年にはおおよそ50人だったものが、26年度から市歴史と自然の資料館に備えている100名城のスタンプ押印者を基本としたところ1,618人と急増。増加傾向はとどまることを知らず、28年度には2,000人を突破し、2,177人を数えていた。

 同協会のまとめによると、今年度は11月末現在で3,150人と、昨年度より973人も大幅に増加。特に25年度以降は100名城の中でも交通が不便なことからツアーによる来訪が増加し、ツアー数は26団体、同15団体増と大幅に伸ばしている。26団体の内訳を見ると、16団体は東京からの来訪者で、最も遠いのは九州から。このほか四国の香川県から3団体が来訪し、広島をはじめ関西圏からも名古屋、大阪から多くの来訪者があった。なお、団体によるチャシ跡訪問者は745人となっている。

 同協会では「ここ数年、台風や低気圧など天気による影響が大きかったが、今年は比較的天候に恵まれていたことが来訪者増につながった要因の一つではないか」と話している。

 学術的価値の高いチャシ跡は、これまで観光資源としての位置づけは低かったが、来訪者の増加と合わせて市教委が案内看板の設置や駐車帯の整備に着手。また、地元の若者有志らが、根室半島チャシ跡群のイメージキャラクターとして「チャシガールズ」を製作し、アピールしているほか、チャシ跡を含む根室管内1市4町の史跡の日本遺産登録を目指す動きも加速するなど、道内でも古い歴史を誇る根室の新たな観光資源として注目されている。

関連記事

苫小牧民報

むかわ竜のレプリカ作り進む 恐竜博で展示目指す

 恐竜骨格の復元や組み立ての専門会社「ゴビサポートジャパン」(群馬県神流町)のむかわ町穂別地区の工房で、国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のレプリカ作りが進められている。22日に見学会が開か...

苫小牧民報

赤いサイロ人気沸騰、カーリング女子選手「もぐもぐタイム」で話題-新千歳

 北見市で創業83年の老舗「清月」の銘菓「赤いサイロ」(5個入り、税込み840円)の人気が新千歳空港の土産店で沸騰している。今夜、韓国平昌冬季五輪カーリング競技3位決定戦にすべての力を尽くす女子...

十勝毎日新聞

金粉巻きで高木姉妹祝福 杉山店主、凱旋心待ち【幕別】

 平昌五輪スピードスケート団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那選手(25)と妹の美帆選手(23)の活躍に沸く地元幕別町で、姉妹行きつけのすし店「竹葉寿司」(札内中央町)の杉山雪男店主(72...

十勝毎日新聞

トマム駅で貨物一時脱線 特急は終日運休 札幌-帯広【上川管内占冠村】

 24日午前3時55分ごろ、占冠村内のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントの破損が見つかった。JR北海道が該当箇所を通過した貨物列車を調べたところ、貨車の車輪に傷が確認され...

十勝毎日新聞

「TPP復帰 本心ではない」 本紙・WSJ提携でランダース氏講演【帯広】

 十勝毎日新聞社と米国の日刊経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の提携を記念した講演会が23日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。WSJ東京支局長のピーター・ランダース氏らが、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス